投稿日:2018年08月07日

住宅医コラム 意見交換2018-83


住宅医リレーコラム 2018年8月号
リレーコラムでは毎月住宅医協会の理事等による月替りコラムです。
8月号はトヨダヤスシ建築設計事務所代表の豊田保之氏のコラムです。

「wallstat ver.4で石場建てのシミュレーションをしてみました」

 

既存住宅を調査すると石場建ての建物をよく見かけます。耐震診断を行うと、評点は低く倒壊の危険性が高いと判断されるケースも多々。
壁量が足らないのか?柱が悪いのか?梁が悪いのか?接合部なのか?石場建てが悪いのか?なんだかよくわからないことが多いので、納得するにはやはり自分の目でたしかめるしかありません。
そこで、2017年の住宅医スクール大阪で講義を頂いた中川貴文先生に、石場建てのシミュレーションについてご教授を頂いたので、早速実践してみました。シミュレーションを行う意図は、何がよくて、何が悪いという結論をだすためではなく、あくまで意匠設計者の「勘」をつかむことが目的です。

京都大学 生存圏研究所 生活圏構造機能分野 准教授中川貴文先生が開発されたwallstatのWEBSITEはこちら。
http://www.rish.kyoto-u.ac.jp/~nakagawa/

仕様は以下の通り。
グリッド3.64m角
柱150角
土壁
床と屋根 火打ち梁
梁105×300
端部は全てHD25KN仕様
地震波は、JMA神戸1倍です。

まず1つ目の動画は、石場建てではなく、足元を固定したモデルです。
左のモデルは、上記の仕様です。右のモデルは、同仕様ですが、土壁を取りやめました。
結果、左は倒壊しませんでした、右は結構ゆさぶられて倒壊しました。
足元を固定している場合は、耐力壁を設けないと壊れてしまいました。

2つ目です。
こちらは、1つ目と同じ仕様ですが、足元が滑るように設定しました。
結果、左は、壊れません。頑丈です。右のモデルは、先程足元を固定すると倒壊したのですが、
足元を滑るように設定すると壊れずにすみました。足元を固定しないことで倒壊を免れることもあるようです。

 

3つ目です。
左モデルは先程と同じ仕様です。右モデルは、壁と水平構面を取りやめました。よって、骨組だけです。
右モデルは、結構揺れて変形はしますが、なんとか倒壊せずにすんでいます。

4つ目です。
左モデルは変更なし。右モデルは、3つ目に仕様から更に変更し、柱を150角から120角にしてみました。
右モデルは、今にも倒れそうですが、なんとか耐えています。120角もなかなかいけます。

最後の5つ目です。
4つ目に仕様に加え、柱を90角に変更してみました。
地震波をあたえてみると、さすがに、柱脚がぽきっといきました。柱は90角が限界のようです。

 

既存住宅の柱は、蟻害や腐朽で断面がなくなっていることも多く、断面が減ってしまうと、
このシミュレーションのようにリスクがあるのでしょう。

 

 

5つほどシミュレーションをしてみましたが、この程度のモデルであれば、作業時間は10分×5つ=50分ほどです。
勘をつかむには、とにかく回数を重ねて実践することが重要ですね。

投稿日:2018年07月09日

住宅医コラム 意見交換2018-82


住宅医リレーコラム 2018年7月号
リレーコラムでは毎月住宅医協会の理事等による月替りコラムです。
7月号はタグチホーム株式会社の田口 元美氏のコラムです。

 

住宅医とホームインスペクション(状況調査)

本年4月より宅建業法が改正され、既存住宅の売買に際して、建築士
による状況調査の有無を説明する事が義務化された。
すでに住宅医の皆さんも既存住宅状況調査技術者の登録を行った方も
あるだろう。しかし義務化といっても状況調査というものがある事を
説明し、その実施の有無や、実施してあれば劣化の有無を明示する
必要がある。

しかし、住宅医が行う調査と違い調査範囲は狭く、また構造と雨漏り
に関する部分だけが調査範囲である。(給排水はオプション)
それ以外の部分に劣化や改修が必要となる様な部分があっても報告を
する義務もない。ただし虚偽の調査報告を行うと建築士として罰則を
受けることとなるので注意が必要だ。

ただ床下や屋根裏に潜らず調査を行い報告を行うことはリスクがある。
また、点検口がない場合でも「調査できなかった」で良い。
この状況調査の登録建築士は全国に2万人を越えるそうだが、実際に
住宅の劣化状況を調査して判断できる建築士はどれだけいるのだろう?

たかだか半日の講習と考査で生まれた状況調査技術者だか、住宅医と
比較して粗悪乱造ではないかと危惧している。

今後、彼らが既存住宅の診断について住宅医スクールで多くを学び、
さらにスキルアップして、既存住宅の売買でのトラブルが減少し、
さらに原状回復のみでなく、性能向上の改修工事にも取り組み、
住宅医として共に学び実践してもらえることに期待する。

投稿日:2018年06月07日

住宅医コラム 意見交換2018-81


住宅医リレーコラム 2018年6月号
リレーコラムでは毎月住宅医協会の理事等による月替りコラムです。
6月号は滝口建築スタジオ代表の滝口泰弘氏のコラムです。

既存住宅の補助事業(公募中、国の代表的なもの)

2018年度が始まり5月~6月は様々な補助事業の公募が行われる時期です。住宅医協会も「良質住宅ストック形成のための市場環境整備事業(国交省)」に数年前から参画していますが、住宅医協会の前身である住宅医ネットワークも、「超長期優良住宅先導的モデル事業」という国交省の補助事業がきっかけで立ち上がりました。
今回のコラムでは、現在募集中の国の代表的な補助事業を幾つかピックアップしてみました。また、耐震改修や省エネ改修だけでなく、伝統的民家活用推進、中古住宅取得リフォーム支援、空き家改修など、各自治体独自の新たな補助事業も登場しているので、地域で使える事業も調べて挑戦してみてはいかがでしょうか。

●長期優良住宅化リフォーム推進事業 (応募期間:4/10~11/30)

既存住宅(住宅以外は不可)のインスペクション、長期優良住宅レベルのリフォーム、履歴・維持保全計画作成、を条件として、最大100~250万円/戸(補助対象費用の1/3)を補助。三世代同居対応の場合は上限50万円/戸を加算。
・受付期間内に事業者登録を行う通年申請タイプ(11/30まで)
・安心R住宅の商標付与団体として登録された団体が提案する事前採択タイプ(安心R住宅)(9/28まで)
・事前採択タイプ(提案型)(※終了)
の3種類あり、今年度から「安心R住宅」の枠が新設。
詳しくは、
国交省ホームページ http://www.mlit.go.jp/report/press/house04_hh_000786.html
建築研究所ホームページ https://www.kenken.go.jp/chouki_r/

 

●空き家対策の担い手強化・連携モデル事業(応募期間:5/24~6/25)

空き家に関する多様な相談にワンストップで対応できる人材の育成、地方における専門家等と連携した相談体制を構築する取組や、空き家の発生抑制、除却、利活用等における高度なノウハウを要する事例を蓄積する取組について、地方公共団体、専門家等との連携を条件として関連する費用を補助。
詳しくは、
国交省ホームページ http://www.mlit.go.jp/report/press/house03_hh_000122.html
価値総合研究所ホームページ https://www.vmi.co.jp/jpn/consulting/seminar/2018/akiya-ninaite.html

 

●住宅の省エネ・断熱リノベーション支援事業(応募期間:戸建て(個別タイプ)5/7~6/29、7/17~8/10)

戸建て・集合住宅を対象に、事前に登録された高性能建材の使用、15%以上の省エネ効果、を条件に補助。上限は戸建て住宅:120万円/戸、集合住宅:15万円/戸。短工期で施工可能な高性能断熱パネルや蓄熱素材等を用いた次世代建材コースは、戸建て住宅:200万円/戸、集合住宅:125万円/戸。
詳しくは、
環境共創イニシアチブホームページ https://sii.or.jp/moe_material30/overview.html

 

●既存建築物省エネ化推進事業(建築物の改修工事) (応募期間:第1回4/24~6/6、第2回は8月頃予定)

外皮の省エネ改修、15%以上の省エネ効果、一定の省エネルギー性能、エネルギー使用量計測、バリアフリー改修含め500万円以上の事業費を条件に、最大5,000万円/件(補助対象費用の1/3、設備改修は2,500万円まで)を補助。
詳しくは、
国交省ホームページ http://www.mlit.go.jp/report/press/house04_hh_000790.html

 

●既存建築物省エネ化推進事業(省エネルギー性能の診断・表示) (応募期間:4/24~9/28)

300㎡以上の既存住宅・建築物について、省エネルギー性能の診断、認証、表示に係る費用の1/3を補助。省エネルギー性能表示の普及に資する取組で波及効果が高いと認められた場合は定額補助。
詳しくは、
国交省ホームページ http://www.mlit.go.jp/report/press/house04_hh_000791.html
環境共生住宅推進協議会ホームページ https://www.kkj.or.jp/kizon_se/index.html

※各省庁の補助事業一覧ページはこちら
(国土交通省:平成30年度公募一覧) http://www.mlit.go.jp/jutakukentiku/jutakukentiku_tk_000040.html
(環境省:H30年度補助・委託事業) http://www.env.go.jp/earth/ondanka/biz_local.html
(経済産業省(資源エネルギー庁)平成30年度公募一覧) http://www.enecho.meti.go.jp/appli/public_offer/
(林野庁:逆引き事典) https://www.gyakubiki.maff.go.jp/appmaff/input?domain=R