投稿日:2018年12月10日

調査事例紹介2018-65 福岡県福岡市


福岡市Dさま邸 既存ドック
報告:熊本茂仁(一社九州ホームインスペクターズ 2016熊本スクール修了生)
物件概要
●所在地:福岡県福岡市中央区
●調査日時:2018/11/21
●構造:在来工法木造平屋建
●延床面積:83.3㎡
●築年数:93年(推定)

福岡市中央区所在、築90年超の木造平屋建て住宅の既存ドック現地調査を行いました。 三代目オーナーとなられた依頼者様より改修して住みたいが、築古なため不安があるというご相談がありました。

リフォームの御要望が、耐震性確保、寒くないこと、バリアフリー等に至りましたので、まずは現状を把握したうえでのプランニングが必要とご提案し、既存ドックを採用いただきました。

2016熊本スクール、本年度の福岡スクールによって九州の住宅医さんやスクール修了生・受講生もある程度の 人数になってきました。今後、九州の住宅医さんや修了生が活動していく中で既存ドックを活用できるようにと、 実地研修会形式で調査を行うこととしました。

調査リーダーは福岡スクール校長の田尻裕樹さんにお願いしました。指導役として村上洋子さん、日野弘一さんをお招きし、スクール修了生・受講生ほか12名、総勢15名での調査となりました。


調査に入る前のミーティング。この後班ごとに調査開始!

①劣化、②設備・採寸、③仕上げ・採寸、④床下、⑤小屋裏の5班各3名編成です。


劣化担当:中嶋さん、巻口さん、熊本

 設備担当:堺さん、白石さん、山之口さん

仕上げ担当:村上さん、横山さん、桝本さん

床下担当:田尻さん、宮木さん、古場さん 

小屋裏担当:日野さん、中嶋さん、渡邊さん

既存ドックの調査に初めて触れる人がほとんど。みなさんせっかくの機会をものにしようと熱心に作業されていました。

調査の結果は、福岡スクールを中心になって運営されています森章郎さんが担当し、リフォームのプランニングもそのまま 担当いただく予定です。
キモは全体的に進んでいる劣化と雨漏り、そして谷側への傾斜が一部強めに出ている点でしょうか。 とりあえず調査結果と撮影した画像はグーグルドライブで共有し、参加者間で閲覧できるようにしています。この物件が 今後どうなっていくかもみなさんで見守っていただければよいかと思います。

以上

投稿日:2017年05月15日

調査事例紹介2017-63 福井県小浜市


小浜市発心寺 詳細調査
報告:戎野朗生(エムズ建築設計事務所)
物件概要
■所在地: 福井県小浜市伏原
■調査日時:2017年4月10日(月)、11日(火)
■構造規模:木造2階建て
■延床面積:約1800㎡(調査範囲は内、約360㎡)
■築年数:不明(江戸時代後期と推定)
福井県小浜市で詳細調査を行いました。
今回の調査依頼は福井で活動されている住宅医の山田健太郎さんが受けているお仕事(お寺の保存・改修)への参加協力でした。500年ほど前に創建された歴史あるお寺の本堂や庫裏を修繕するために必要な現況調査です。

(上)庫裏外観

(左)本堂外観

(右)方丈外観

 

 

(上)庫裏内観

 

今回調査範囲が約360㎡と広範囲に及ぶことから作業量も多く見込まれましたが、一泊二日で少人数による調査とすることで、内容の把握がしやすく、庫裏と方丈それぞれの棟を一貫して調査することができる方法をとりました。

 

(左)開始前の挨拶   (右)調査準備

お寺が運営されている平時に調査を行いますので、調査を始めるに当たり、お寺の方に調査の概略や作業時間についてご説明し、お邪魔にならないよう確認をとることから始まります。
調査内容の確認などのミーティングを迅速に行い調査開始。事前に調査道具を班ごとに分けておくことで、すぐさま調査にかかれます。
今回は①劣化、②設備、③仕上、④採寸・バリアフリー、⑤床下、⑥二階床・小屋裏、⑦ヒアリング・矩計の7班、合計13名となりました。
住宅医の山田さんと一緒にお仕事をされているお二方、今回の改修の監修をされている大学の先生にも入って頂きました。

(左)庫裏:床下の様子  (右)方丈:床下の様子

 

(上)方丈:基礎のひび割れ
床下調査:庫裏と方丈で建築年が異なるため、床下の形式はそれぞれ異なっていました。庫裏は玉石によるもので、床組の多くは修繕されていましたが、修繕されていない古い部材が残る箇所には蟻害の痕跡が多く確認されました。
対して方丈は無筋の布基礎で出来ており、換気口周辺にクラックが散見されたほか、高低差のある敷地で、低い地盤側へ傾くことで生じたと思われる大きなクラックも見つかりました。

(左)庫裏 外部:木部の雨染み    (右)方丈 外部:外壁のサビ

劣化調査:建物の劣化状況を目視にて確認します。風雨に晒されおこる経年劣化が全体的に見られました。また、土壁の剥離や板金のサビなど、雨水が内部に侵入し躯体の腐朽要因となる劣化も見られました。

(上)庫裏:食堂の小屋組

 

 

 

(左)方丈: 2階小屋組   (右)方丈: 2階床調査の様子

 

小屋裏調査:庫裏の小屋組みは30㎝前後の丸太梁が掛けられており、小屋裏空間も広く、架構の確認が容易に行えました。ススで黒くなった梁には腐朽は確認されず、含水率も10%前後で安定していました。方丈の小屋組みや2階床梁は角材を用いた架構で、天井板を外した場所からの目視となりました。水染みなどが確認されたものの腐朽は確認されませんでした。

 

最後には全員で掃除をし、調査で生じたゴミや埃を残さないようにします。
二日にわたる調査も無事に終え、成果物(野帳)を住宅医山田さんへお渡し終了しました。
今回の調査では報告書の作成は行わず、野帳を基に実務でそのまま活用いただきます。
調査にご協力いただきました皆様ありがとうございました。
Ms 戎野

投稿日:2017年02月08日

調査事例紹介2017-62 兵庫県赤穂市


     赤穂市Y 現況調査・耐震診断

報告:日野弘一(WASH建築設計室)

物件概要

■所在地:兵庫県赤穂市上郡町
■調査日時:2017年1月24日(火)
■構造規模:木造2階建て
■延床面積:約36平米
■築年数:不明

兵庫県の赤穂市上郡町で現況調査と耐震診断を行いました。

建物の改修をするか、新築をするか、その判断材料として建物の調査を行いました。
改修をするという前提がないため、料金を抑えるために建物の現況調査と耐震診断に絞って報告書を作成します。既存ドックのように、劣化対策・耐震性能・温熱省エネルギー性能・維持管理・バリアフリー・火災時の安全性の6項目で評価をしていません。

調査は4名と、地盤調査業者2名にて行いました。いつもの調査に比べるとコンパクトな編成です。
建物は古いですが和室のしつらえや縁側の雰囲気など、上品な佇まいです。

現況調査:建物の外部は経年に伴う劣化が見られました。無筋の基礎のクラックなど、構造的に気をつけるべき劣化が幾つかありましたが、主要構造体の蟻害・腐朽などの大規模な劣化は確認されませんでした。

耐震診断:精密診断法を行いますので、床下と小屋裏も全て調査します。床下は玉石基礎で転用材が見受けられます。小屋裏には立派な大きな梁が幾重にも架けられています。また、床下・小屋裏から壁の構成も確認しています。

地盤調査:建物の外周に加え、建物中心部分の調査もしていただくようにしています。床下侵入口から機械を入れて作業をしていただきました。

 

今回、報告書は作成しませんが、劣化対策・温熱計算・バリアフリー・火災時の安全性の評価ができる情報は平面図と合わせてチェックしています。少ない人数で、コンパクトに調査を終えることができました。

 

WASH建築設計室 日野