各地の住宅医の日々No.18 横浜から、西方ドライブ(~東海道中・3県往来~)

小野 雅之 ( 住宅医 / 一級建築士事務所小野育代建築設計事務所 / 神奈川県 ) 

私が住宅医東京スクールに通ったのが2011年で、東日本大震災があった年ですので、早いもので12年程たちます。現在も住宅医の習いで、詳細調査の他、自治体の耐震診断や木材劣化診断など、各種の調査業務をおこなっています。


小屋裏内部の調査


木材劣化(レジストグラフ)診断


改修中の横浜の現場

ところで、私が神奈川県横浜市に定住し30年以上になりますが、地元は愛知県岡崎市です。そこで帰省の際は「神奈川→静岡→愛知」と3県を行き来しています。距離にして300kmありますので、車ですと基本、高速道路で往来します。
ただ東名高速道路は、神奈川県内で結構渋滞するので、時間に余裕があるときは、海沿いの一般道(国道1号線)を走る事もあります。
全て一般道ですと、正味7〜8時間程かかり、このルートはいわゆる東海道を走るイメージとなります。
このルートのあらましですが、自宅のある横浜市街を抜けて湘南の海岸線に出ると、相模湾の海を眺めながら西に走り、小田原・箱根に到り、箱根の山道を登り、芦ノ湖の脇を下ると、相模湾と伊豆半島が見えはじめます。三島大社の脇を通過し、沼津市内に入ると、多少渋滞します。さらに、富士市(静岡市内はバイパスもある)以後はスイスイ走りますが、調子に載っていると覆面パトに捕まります。藤枝市島田市あたりで、山間部を走り、一車線となると再び渋滞がはじまります。という感じで、静岡県内の交通事情にも多少詳しくなってます。途中、(富士や掛川の)道の駅もあり、まさに “東海道中” の様相です。


富士・道の駅

静岡県内は、富士川・安倍川・大井川・天竜川など一級河川を順次渡りますが、浜名湖大橋をこえて湖西市を通過しますと、やっと愛知県へ入ります。
愛知県内の国道1号線は、海岸線でなく内陸を走り豊川稲荷の近くも通ります。

豊川稲荷のヨルモウデポスターより

またコロナ禍の規制期間中、この運転移動は自粛していました。あと8時間の車中移動は少し長いですが、地域のFMを聞きながら山や海の季節感を満喫できる事、時に静岡の知人宅に立ち寄って一緒に食事する事などもあり、この西方ドライブ(〜東海道中・3県往来〜)は、(床下小屋裏の)ハードな調査業務の合間で、意外な気分転換となっています。
いよいよ本格的に夏ですが、元気に乗り切りたいと思います。引き続き宜しく御願いします!