投稿日:2019年03月08日

住宅医リレーコラム2019年2月


NPO法人WOOD AC
スタジオすぅぷ一級建築士事務所 
塩田 佳子

 平成30年の建築基準法の法改正について、改めて確認する機会がありました。「耐火建築物とすべき木造建築物の制限の見直し」を読んでいると、同ページには「戸建住宅等の福祉施設等への用途変更に伴う制限の合理化」の法案概要。既存住宅のストックを活用促進するために設けられた法案で、既にご存知と思いますが少し紹介します。
 空き家問題に対し、戸建て住宅から特殊建築物への変更の際に、建築確認手続きを不要とする対象面積が拡大されました。従前の規制は、変更後の用途の床面積100㎡以下の場合は不要でしたが、今回、200㎡以下まで拡大されます。現状、戸建て住宅ストック約2,800万戸のうち、100㎡未満は3割ですが200㎡未満に拡大するとなんと9割という面積分布とのこと。基準への適合はもちろん必要ですが、確認申請という1つのハードルを下げることにより、用途変更に対する自由度があがり物件数も増える、とのことです。
 
 私が住む美濃市には「うだつの上がる町並み」があります。現在、町並み内で、一般社団法人インクの中島さんが関わった邸宅・倉庫を宿泊施設・店舗の用途変更を行う改修工事が行われ、来年度オープンの予定です。

 町並み内は実は空き家が多く、町中でもこういった用途変更がこれから徐々に増加していくと推測されます。法改正がきっかけ、というわけではないと思いますが、自分の家の隣に、民泊、福祉施設、子育て施設等へ用途変更された建物が生まれることもあるでしょう。

「改修」をきっかけに町は活性化され、かつ、住むことがメインだった場所も様子が変わっていく可能性もあります。この法改正をきっかけに、住宅医は住宅をなおすことに加えて、地域とのかかわりを考えていく必要性が増したと感じています。

投稿日:2019年03月05日

ストック再生セミナーのご案内


住宅医協会の会員が主催するセミナーのご案内です。

都市・地方それぞれの建築ストックの再生について、(株)寺田建築事務所、一級建築士事務所kappa、一級建築士事務所ビオス、SHUKA DESIGNの建築系事務所4社共同主催主催のセミナーです。(当協会も共催)

~~下記主催者HPから引用~~

このたび「都市×地方それぞれの建築ストック再生」を副題として「建築ストックの再生・活用技術セミナー」を開催する運びとなりました。
弊社で近年取り組んできた都市の多層階住宅のリノベーション・検査済無建物の増築改修と、野上氏・大貫氏が取り組んできた養蚕農家のホテルへのリノベーション・増築改修の二つのテーマで公開セミナーを行います。いずれも調査・申請・設計というプロセスに焦点をあてた実務者に役立つセミナーになっています。
(株)寺田建築事務所、一級建築士事務所kappa、一級建築士事務所ビオス、SHUKA DESIGNの建築系事務所4社共同主催・共催 (一社)住宅医協会という形式で開催します。
是非 御参加いただけれは幸いです。

【東京会場】4月22日(月)13時~17時 連合会館401号室
詳細及び参加申込書・PDF

【大阪会場】5月15日(水)13時~17時 (株)ニチネン本社4階会議室
詳細及び参加申込書・PDF

ストック再生セミナー・大阪

詳細・お問合せは 主催者:てら・アソシエイツ 
http://tera-associates.com/arc/
(電話03-6907-3717、Eメールinfo@tera-associates.com)まで。

投稿日:2019年03月04日

住宅医スクール2018 第8回の報告(福岡 改修実践)




住宅医スクール2018 福岡 (第8回:2/21)

第8回目は、「改修実践」

改修実践は第1講義、第2講義は意匠設計+構造設計のコラボ授業です。

Ms建築設計事務所 三澤文子先生 

TEDOK構造設計事務所 河本和義先生

第3講義は、辻先生による温熱改修実践です。

第4講義は検定会、今回2名の方が住宅医試験に挑戦されました。

【講義全体】

  • 一年間有難うございました。来年の最終の発表会にノミネート致します。
  • 2回目にお聞きする話をありましたが、新たな気付きがあり勉強になりました。
  • 先生方の実際施工した感想や考え方を伺えてとても勉強になりました。新築と違い、その邸ごとに様々な関点から検討しアプローチしていくことが必要だと感じました。
  • 講義は具体例が多くわかりやすかったです。ひとの改修例の発表を見ると、全体を見ようとするので、きいてみて勉強になりました。
  • 壁内結露の実情が気になっています。構造用合板の穴、参考にします。
  • 事例の総仕上げとして、勉強になる内容でした。
  • 具体的な例をあげての講義をしてもらったのでわかりやすかったです。工事費のめやすは助かります。
  • とても参考になりました。来季もスポットで受講したいと思います。来季はぜひ検定会も受けれたらと思います。
  • 新築の住宅工事を主に行っていますが、住宅医スクールを通して、耐震性等無理のない素直な設計が大事だと実感しました。学んだことを活かした提案をしていきます。
  • みなさんのお悩み相談や失敗だんなど事前に募集して、フリーな時間があってもいいかも。スキルアップを地方でもさかんになってほしい。スクールではないですが「住宅医」の認知度を上げるよう努力していきたい。まだ住宅医ではないのですが)特に、長崎での住宅への意識を上げていきたいと思います。
  • とても参考になりました。
  • 三澤先生の基礎補強、屋根の葺きかえの概算は有難い。先生のおっしゃるとおり、まず屋根はどうされるか確認することで大まかな予算が配分できる。・辻先生の自邸、うらやましいです。ご夫婦で楽しく過ごされている様子が伝わってきました(火を使うと蚊が寄ってこない)名言です。・懇親会、毎回出席しました。講師の方の貴重なお話は4,000円以上の価値がありました。スクール生のみなさん、懇親会はぜひ出席しましょう。一年間、大変お世話になりました。福岡スクール最高!!でした。ありがとうございます。
  • 今日の講義は、今までの講義とちがい今まで自分がしてきた仕事をもう一度見直す意味でも良かったです。第4講義では、受講生の発表を聞けて良かったです。また、九州でしてほしいです。
  • 住宅医の学びの1年間、本当に勉強になりました。田尻校長、森さん、熊本さん、ありがとうございました!お疲れ様でした。
  • 意識の高さ、責任感の強さがすごく、各先生、本当にためになる講義でした。
  • 1年間を通し、貴重な学びを頂きありがとうございました。1回だけ欠席してしまい修了証が頂けない事が残念でなりません。今日で講義が終わるのが残念ですが未講習課目もあり来年度も頑張って勉強したいと思います。現在の仕事は住宅とは違うのですが、いつか改修工事の実績も積んで、いつか必ず住宅医になりたいと思います。
  •