投稿日:2019年01月07日

代表理事より新年の挨拶


代表理事  山辺豊彦(山辺構造設計事務所)

明けましておめでとうございます。
新しい年を迎え、全国の住宅医協会会員ならびに協力関係者の皆様に、謹んでご挨拶を申し上げます。

昨年は豪雨災害、台風、豪雪被害、噴火災害、地震被害等、自然災害の多い一年でした。東京都でも首都直下地震への備えとして、「いつか来るかもしれない」のではなく「必ずくる」と考え、喫緊の課題として建物の耐震化キャンペーンを開催しました。その一環として、昨年12月14日、都庁内で「木造住宅の耐震改修」をテーマに講演を行いました。この講演後に「耐震化に係る金融知識(補助制度)の説明」があり、その後共催区市の助成制度の詳細説明がブース形式で行われました。

当事務所でも昭和初期、日野市に建設された旧蚕糸試験場日野桑園の耐震改修に協力しました。この建物は、蚕室を良好な環境に保つため1階を1m位の高床とし、床下には飼育室の中央部に煉瓦積みで火炉を設置し、周囲に換気孔を設けています。当時の建物で1階が鉄筋コンクリート造、2階が木造とした立面混構造の事例は珍しい建物です。2階の木造は、洋小屋のキングポストトラスで、比較的細い部材で広い空間を覆う架構形式となっています。2階床スラブには開口部を設け、暖気の流れを2階に導き、さらに越屋根から外に流します。このシステムは、大正期に改良普及した方法で、当時は「古くて新しい技術」でした。この建物を耐震改修し活用しながら後世に残すことは、日野市の産業史を物語る面からも、歴史文化を伝え続ける面からも貴重な役割を果たすことと期待しています。

住宅医協会は、今年も住宅医スクールを各地で開催します。建築に関わる会員ならびにスクール生の皆さんには、講義だけではなく実測調査や検定会などにも参加され、技術の研鑽を積んで信頼される住宅医として活躍してほしいと願っています。

投稿日:2018年12月17日

住宅医スクール2018 第6回の報告(福岡 防火・設備・高齢者)


住宅医スクール2018 福岡 (第6回:12/13)

第6回目は、「防火・設備・高齢者」

高齢者は、株式会社リハブインテリアズ 代表取締役 池田由里子先生

設備は(株)清水 代表取締役 清水基之先生

防火は桜設計集団一級建築士事務所代表 安井昇先生

■今後の講義内容の要望

さらなるブラッシュアップを期待しております。

■第1講義

・まずは高齢期の住空間に興味を持ってもらう。そして、インテリアの力(お茶の良い香り、美しい空間)で豊かにする。そもそもモノの整理から始める。しかしモノに思い出がある場合、人生の最後では思い出が全てになる。介護予防とインテリアの重要性が理解できた。色の大切さを認識しました。そこを大事にする。

■第2講義

・排水管 上手(かみて)に浴室を持ってくる「浜松市」の条例。なるほどと思う。3社節水トイレの流水実験→汚物がつまりやすい、毎日の事で常に現場で戦っている様子が伝わってきました。水質・環境で劣化の具合が変わってくる、容易なメンテナンス対策は必須。

・第2講義のQ&Aについて、日頃から疑問に思ってた項目をわかりやすく説明していただいて、もやもやがなくなりました。感チガイの思いこみが強くて判断の修正がむつかしい。学問と勉強が必要です

・設備配管は理解出来ていない部分をメリット・デメリットを分けて講義頂いたのでとても分かりやすかったです。

■第3・4講義

・“燃え抜く”“燃え抜けない”性能30分防火構造、燃え拡がらない3つの要件(躯体・内装・区画)可燃物を減らす、モノを減らすことも火災の被害を抑えることになる。3点セット(出火防止、早期発見、初期消火)
本日の講義を受けるまで“レーダーチャート”の“火災時の安全性”の重要性がピンとこなかったが、安井先生の“命をまもる”私たちの役割がとても分かりやすく、自信をもって施主様に提案しなければならないことが分かりました。
“引き渡しの消火器プレゼント”はぜひ取り入れたいと思います。1年点検時のチェックまでマネします。(出火の所に置いておく)もっと木造建築が増えると嬉しいです。

・ 防火について違う角度で考えることが出来ました。

・ 自分は、地域で消防団にも入っているので安井先生のビデオ映像がとても良かった。

・防火については、映像がとても分かりやすく、興味を持てました。

■その他講義全体

・本日の講義、全ておもしろく参考になりました。第一講義のような各論だけでなく何ゆえそうするのか、それが大事かの話は、これからも聞きたいところです。

・感想を書く時間がなかったですが、たいへん有意義でおもしろかったです。
全て素晴らしい内容でした。


・実例や実験内容が知れて、とても参考になりました。


・自社仕様において、外部をどこまで木質化することが可能かを具体的に知りたい。


・伝え方の達人たちで、面白かったです。


・大変勉強になりました。


・いつもと違う視点での講義で、非常に楽しく勉強になりました。


・私にとって日頃の疑問が解け、気づきや発見があり、とても勉強になりました。今後に生かしていきたいと思っております。

投稿日:2018年12月10日

住宅医スクール2018 第6回の報告(大阪 防火・設備・高齢者)


宅医スクール2018 大阪 (第6回:12/1)

第6回目は、「防火・設備・高齢者」

防火は桜設計集団一級建築士事務所代表 安井昇先生

設備は(株)清水 代表取締役 清水基之先生

高齢者は、(株)高齢者住環境研究所 代表取締役 溝口千恵子先生

☆全体アンケートより抜粋☆

■今後の講義内容の要望

■第1講義
・実際の配管等を見られてよかったです
・実体験に基づくお話で適正な水勾配(1/100)の話がとても説得力がありありがたく思いました。
・以前受けていたが改めて聴くと頭に入ったと思います
・配管設備ではトイレメーカーの節水競争が配管業者にとっては困り事になっている等、業界の内輪話もためになりました。

■第2講義
・防火に関して木・土の強さが具体的にわかりました。消火器、区画は取り入れやすく大切だと感じました
・防火の話をもっとききたかった
・考え方をわかりやすく動画を交えてよかった
・防火の話は今後も役に立てられそうです。ファイヤーストップの必要性などもう少し聞きたかった
■第3講義
■第4講義
・高齢者対応のリフォーム事例写真を交えての話参考になりました。お客様との接し方についても参考になりました
・改修事例の写真が接近しすぎて若干わかりにくかった(引きがないので難しいと思いますが)


■その他講義全体
・日頃の業務であまり考えない視点に気づくことができて業務に生かせると思う
・設備防火性能といった専門的な内容についての講義は大変良かった
・設備、防火、高齢者介護どれも非常に勉強になった
・設備防火高齢者対応、普段目をそむけがちな部分にもしっかり考えることが、建築士の責任だと思いました