投稿日:2018年08月09日

第1回スキルアップ講座


住宅医のみを対象としたスキルアップ講座を8月8日事務局にて開催しました。

総勢19名の参加によって、合計5時間近い講座となりました。

・住宅医修了生4名による事例発表(ブラッシュアップバージョン)

・野帳の取りかたの基本

・調査写真の撮り方の基本

・住宅医全体ディスカッション

 

住宅医修了生4名の事例発表のあと、まず仕立建築舎の平賀氏による「野帳のとり方の基本」。

 

 

 

おそらく大学などの教育機関以外でははじめてではないでしょうか。野帳のとり方の講座。

大学時代から文化財の調査を重ねてきて現在でも多くの調査を手がける平賀氏だからこそ、

多様な事例とその評価をしていただきました、

基本的なようで奥深いと感じる内容、そして技術だけではなく「愛」が必要な世界。

勉強になりました。

 

 

次に豊田氏による「調査写真の撮り方の基本」。

 

 

単なるインスペクション調査として捉えず、顧客目線でどう伝えるかを優先した調査方法及び、

伝えるための写真講義となりました。

豊田氏の同講義は一部住宅医スクールでも重なりますが、そのおかげか急激に360度カメラ+長い一脚、

による調査方法が各調査を担っている建築士間で広まっています。

ご興味ある方はお問い合わせ下さい。

 

 

最後はディスカッションですが、まずプリズム建築設計室の多田氏による問題提起。

 

 

防災士という資格講義から阪神大震災での窒息・圧死の本当の死亡原因を学び、

建築を携わる身としてどのような建物を作る必要性があるか、を提起していただきました。

また、今回呉から高橋工務店の高橋氏が受講していましたので、

平成30年7月豪雨による被害の生々しい話と、建築被害の対処方法についてSNS等が役に立った話、

最後に住宅医が災害に対して防災の側面、災害が起こった後の体制について話し合いました。

 

終了したのは20時。そこから近くのたこ焼き居酒屋で大阪のたこ焼きを皆で堪能しました。

 

 

 

投稿日:2018年08月06日

住宅医スクール2018 第3回の報告(東京 温熱省エネ)


住宅医スクール2018 東京 (第3回:8/2)

8月2日に東京で第3回が開催されました。
第3回目は、「温熱省エネ」

この日も辻先生を迎え一日みっちり温熱環境を学びます。

第4講義では毎年好評のワークショップも開催。

頭の中がどろどろの状態で短時間で設計できるのか、

他の方の考え方も知り得て、ためになります。

ワークショップ設計中の様子

ワークショップ 辻先生の解説

 

☆全体アンケートより抜粋☆

・辻先生の講義は今回で3回目になると思いますが、ようやく理解ができるようになりました。日々実践していることもあると思いますが、ソフトが計算していますので!!手計算でできることが大事かなと思いました
・難しいと感じる温熱の考え方をわかりやすく教えて頂き、自分でもやってみようと思う講義でした
・2度目なのでとてもよくわかりました。ありがとうございます。また法やデータなどまだ変わっていくのでたまに復習に来ないといけないかもと思ったり
・温熱についての計算は何回聞いても・・・・横文字がきらいなのかも
・解りやすくて良いです。宿題はやる暇がないです(今回は簡単そうですが)
・温熱について一日の講義でしたがやや難しくついていくのがやっとでした。計算の部分などもう少しゆっくり時間を取っていただけると助かります。来年もしくは今年の別の会場での再履修を考えています
・講義後のプランニングは復習にもなるし参加されている方の考えも聞くことができたのでよかったです。エネルギーの現在と実務と照らし合せてしることができた。数字で見える形で理解できた

・演習でやったプランをシェアしていただきたいです。どれも参考になるアイデアがあって面白かったです。

→(事務局より回答)大阪、福岡の同講義が終了しましたら、このページにて発表データを公開いたします。