これは[archive.php]

住宅医スクール2016 東京 第6回の報告

11月10日に住宅医スクール東京第6回が開催されました。

第1講義 防火性能の改善と対策 安井昇氏

第2講義 設備の劣化診断と対策 清水基之氏+古川泰司氏

第3講義 住宅改修における高齢者対応 溝口千恵子氏

第4講義 温熱・省エネの改修事例を語る 南雄三氏

☆受講者のアンケートから☆

・安井先生の講義は実際の火災の実験動画をおりまぜて、火災時の火や煙の広がりがリアルに感じれられて理解しやすかった。

・溝口先生の「生活」「住宅の設計」に対する誠実な態度に深く感動した。意識的に高齢化社会の建築を考えていく機会を与えられてありがとうございます。

・高齢者障害者のための改修は知識が足りないので、何が必要かを勉強しないと難しいことがわかった。

・本日も、防火対策、介護リフォーム、設備劣化、温熱改修 世界の住宅事情ととても参考になりました。

・火災の講義は詳しく機会がなかったのでとても新鮮でした。次回からはビジネス的な話になるようでとても関心があります。

・電気設備のバージョンも聞きたい。

・南先生のお話はいつも楽しく、勉強になります。

(事務局より)

・清水先生への質問をいくつかいただいております。現在ヒアリング中ですのでしばらくお待ち下さい。

 

住宅医通信 第79号 (2016年11月号)

======================================================================
======================================================================

住宅医通信 第79号
 2016年11月10日(木)発行
内容に一部間違いがあったため、再送いたします。
大変申し訳ございません。

1.住宅医協会事務局からのお知らせのプログラム内容
【正】
【プログラム】
13:00~    開場・受付
13:30~    住宅医フォーラム 開会
13:30~13:35 主催者挨拶
13:35~13:50 熊本地震後の被災地の様子 4月16日から現在まで
          エコワークス株式会社代表取締役 小山貴史
↑
【誤】
【プログラム】
13:00~    開場・受付
13:30~    住宅医フォーラム 開会
13:30~13:35 熊本地震後の被災地の様子 4月16日から現在まで
          エコワークス株式会社代表取締役 小山貴史 


======================================================================
この通信は「住宅医スクール受講者」「岐阜県立森林文化アカデミー・木造建
築病理学受講者」と、一般社団法人住宅医協会の活動に関わりを持っていただ
いた方々にお送りしております。
======================================================================
<目次>
0.熊本関連情報
 ・「住宅医スクール熊本、震災関連特別講義ダイジェスト04」

1.住宅医協会事務局からのお知らせ
 ・「社員総会&住宅医フォーラムのお知らせ」

2.2016年度住宅医スクール
 住宅医スクール2016のお知らせ
 2016年度は全国4スクール開講です。
 【1】住宅医スクール東京
 【2】住宅医スクール大阪
 【3】住宅医スクール広島
 【4】住宅医スクール熊本
   ◆ 住宅医プレスクール富士

3.地域住宅医ネットワーク活動報告
 関東・中部・関西住宅医ネットワークからのお知らせ
 【1】関東住宅医ネットワーク
 【2】中部住宅医ネットワーク
 【3】関西住宅医ネットワーク

4.岐阜県立森林文化アカデミー・木造建築病理学講座からのお知らせ
  ・木造建築病理学・住宅医スクール スキルアップ講習のご案内
 ・アカデミー視察予定、小原勝彦・辻充孝講演予定など

5.改修住宅ケーススタディ
 ・千葉県「千葉の家」改修事例報告(住宅医紹介~20)
  もりちかぐみ/森本周子氏

6.詳細調査物件報告
 ・広島市安佐南区 住宅医スクール広島受講生による詳細調査
  新協建設工業広島支店/澤田博氏

7.住宅医意見交換
 ・「改修建物を訪ねて~その11」 
  旧日下部家住宅別邸 ~舞子ホテルとして生き続ける「住宅遺産」
  MSD/三澤文子氏

8.パッシブデザイン建築視察&事業化セミナー
  ・11/29(火) 岡山にて開催!

9.事務局たより

======================================================================
0.■■■熊本関連情報■■■
======================================================================
この度の熊本地震により被害を受けられた皆様に、心からお見舞い申し上げま
す。一日も早い復旧と皆様のご健康を、心からお祈り申し上げます。
住宅医協会としても、各地の住宅医を通じて、復旧・復興へ向けた様々な協力
・支援を行って参りたいと思います。

■「住宅医スクール熊本、震災関連特別講義ダイジェスト04」
10/15(土)、住宅医スクール2016熊本(第4回)開催しました。
今回の第4講義(ゲスト講義)は、「熊本地震の構造的被害③-調査分析報告
③」と題して、建築研究所の槌本敬大氏氏に講義して頂きました。
その概要についてご報告します。
↓詳細はこちら
http://sapj.or.jp/kumamotoschool04/

======================================================================
1.住宅医協会事務局よりお知らせ
======================================================================
■社員総会&住宅医フォーラムのお知らせ
来年1月12日(木)社員総会に合わせて、大々的に「住宅医フォーラム」を開
催します。会員はもちろんのこと、皆様お誘い合わせの上必ずご参加下さい。

□■□■□■住宅医フォーラム2017■□■□■□
「災害とレジリエンス~木造住宅の耐震性とは」開催決定のご案内です。

 開催日時:2017年1月12日(木) 13:30~17:20(交流会18:00~)
 開催場所:東京大学弥生講堂 一条ホール
 対象者 :住宅建築に関心のある方はどなたでも
 募集定員:300名
 参加費 :無料(※申込が必要です)
 交流会 :18時より 別途5,000円(※事前申込が必要です)
 申込締切:2017年1月5日(木)
 申込方法:
●WEBより ↓下記ページからお申込み下さい。
住宅医フォーラム申込受付ページ 
http://sapj.or.jp/inquiry/forum20170112/
●FAXより ↓下記URL内チラシ裏面をA4印刷の上、FAX番号06-6458-5090まで
●メールより 必要事項記載の上、info@sapj.or.jp 宛

【プログラム】
13:00~    開場・受付
13:30~    住宅医フォーラム 開会
13:30~13:35 主催者挨拶
13:35~13:50 熊本地震後の被災地の様子 4月16日から現在まで
          エコワークス株式会社代表取締役 小山貴史
13:50~14:00 住宅医スクール熊本の実施と特別講義ダイジェスト
          住宅医協会理事 滝口泰弘
14:00~14:45 特別講義/熊本地震の木造住宅構造的被害と今後のあり方①
          京都大学生存圏研究所 教授 五十田博
14:45~15:30 特別講義/熊本地震の木造住宅構造的被害と今後のあり方②
          山辺構造設計事務所 代表 山辺豊彦
<休憩30分>
16:00~17:10 パネルディスカッション 災害とレジリエンス 
                        ~木造住宅の耐震性とは
    ・コーディネータ- 南雄三
    ・パネリスト 山辺豊彦 五十田博 古川保 池田浩和 小山貴史
17:10~17:20 まとめ~閉会の挨拶
18:00     交流会
※フォーラム開催中は、ホワイエにて賛助会員によるパネル展示有り
(開会前や休憩時間にご覧いただけます)

↓詳しくはこちら
http://sapj.or.jp/forum20170112tokyo/
======================================================================
2.2016年度住宅医スクール 随時募集中です!
======================================================================
【1】住宅医スクール東京
■住宅医スクール東京 第6回2016(11/10)開催案内
第6回は「防火・設備・高齢者」がテーマです。ご興味のある方は、単独受講
が可能です。(※第6回のテーマは住宅医スクール大阪共通です。)
↓詳しくはこちら
http://sapj.or.jp/school/2016tokyo6/

第5回目の開催報告 ↓詳しくはこちら
http://sapj.or.jp/schoolreport2016tokyo5/
======================================================================
【2】住宅医スクール大阪
■住宅医スクール大阪 第6回2016(11/26)開催案内
↓詳しくはこちら
http://sapj.or.jp/school/2016osaka6/
======================================================================
【3】住宅医スクール広島
■住宅医スクール広島 第5回2016(11/16)開催案内
第5回は「防火・設備・高齢者」がテーマです。ご興味のある方は、単独受講が
可能です。
↓詳しくはこちら
http://sapj.or.jp/school/2016hiroshima5/ 

第4回目の開催報告 ↓詳しくはこちら
http://sapj.or.jp/schoolreport2016hiroshima4/
======================================================================
【4】住宅医スクール熊本
■住宅医スクール熊本 第5回2016(11/26)開催案内
第5回は「温熱・省エネ・WS」がテーマです。ご興味のある方は、単独受講が可
能です。
また、ゲスト講義につきまして、直前にて申し訳ございませんが、講師の都合
上、以下のように変更させて頂きました。
 ・10/15 古川先生  → 槌本先生へ変更
 ・11/26 五十田先生 → 古川先生へ変更

■□■□■カリキュラム変更しました■□■□■
↓詳しくはこちら
http://sapj.or.jp/0513news/
http://sapj.or.jp/20160909/

第4回目の開催報告 ↓詳しくはこちら
http://sapj.or.jp/schoolreport2016kumamoto4/
======================================================================
◆住宅医プレスクール富士
住宅医プレスクール富士 第3回2017(1/25)開催案内

↓パンフレット・詳しくはこちら
http://sapj.or.jp/wp-content/uploads/2016/05/2016pre-school-fuji.pdf

======================================================================
3.地域住宅医ネットワーク活動報告!
======================================================================
関東・中部・関西住宅医ネットワークからのお知らせ

【1】関東住宅医ネットワーク 
現時点での催し情報はございませんが、現場見学会や調査募集情報、企画した
い講習会などがございましたら、随時、ご意見などお寄せ頂けたら幸いです。

関東住宅医ネットワーク事務局: 
 滝口建築スタジオ(滝口)takiguchi@taki-studio.net
======================================================================
【2】中部住宅医ネットワーク
築年数の古い大規模物件の調査も行っています。今後、調査情報やイベントな
ど、情報発信させて頂きます。

中部住宅医ネットワーク事務局:中島(WOOD AC) info@wood-ac.or.tv
======================================================================
======================================================================
【3】関西住宅医ネットワーク
(1)関西温熱教室2016
関西温熱教室ですが、第5回目が開催されましたので報告させていただきます。
↓詳しくはこちら
http://sapj.or.jp/c-nw01-6/

(2)詳細調査報告
関西地区(以西)での調査の相談などがありましたら下記事務局までお気軽にご
連絡ください。また、企画してほしいイベントなどがあれば、ご相談もお待ち
しております。

関西住宅医ネットワーク事務局:日野 hino@wash-arch.com

======================================================================
4.岐阜県立森林文化アカデミー・木造建築病理学講座からのお知らせ
======================================================================
■森林文化アカデミー木造建築病理学講座のご案内
平成28年度木造建築病理学講座第1期が10月に無事に完了しました。
第2期は1月になります。科目等履修生の方はご予定のご確認の程、宜しくお願
い致します。
 ◆第2期 平成29年 1月 10日(火)9:00~16:30
======================================================================
■森と木のワークショップ(木造建築)の予告
森林文化アカデミーでは「森と木のワークショップ(木造建築)」として出前
授業を実施しています。今年は全国各地で企画する方向でおりますので、会場
が皆様のお近くの際には「森林文化アカデミーで学びたい方」へ参加のご案内
を宜しくお願い致します。

現在予定している「森と木のワークショップ(木造建築)」   
 平成28年11月19日(土) 10:30~12:00 島根県松江市
            「木造建築の耐震性を知ろう」
======================================================================
■視察予定・講演予定など
森林文化アカデミーにはいろいろな視察者が訪れておりますし、住宅医協会以
外でも小原の講演予定などがあります。その中から木造建築病理学に関連しそ
うな方々の視察情報や講演情報を皆様にもお伝えさせて頂きます。
ご都合よければアカデミーに遊びにいらしたり、お近くの講演会場に足を運ん
だりして頂けますと幸いです。

↓講演・アカデミー予定 詳しくはこちら
http://sapj.or.jp/ac161110/

======================================================================
5.改修住宅ケーススタディ
======================================================================
■千葉県「千葉の家」改修事例報告(住宅医紹介~20)
 もりちかぐみ/森本周子氏

数寄屋風の家付土地を購入して、市街地から郊外に引越す住まい手のための
改修である。この家の購入を決めた理由が、閑静な立地に加えて「有名旅館
も手がけた棟梁によるこの建物がイマドキの分譲地として開発されることを
残念に思ったため」という木造建築が大好きな住まい手である。
既存の建物の佇まいを残しつつ、元住人の生活感を刷新し、新たな住人の生
活スタイルに合わせた改修を行なった。

↓詳しくはこちら
http://sapj.or.jp/kaishuujirei-2016-62/

======================================================================
6.詳細調査物件報告
======================================================================
■広島市安佐南区 住宅医スクール広島受講生による詳細調査
 新協建設工業広島支店/澤田博氏

広島市安佐南区で、築40年の木造2階建て住宅、現況詳細調査を行いました。
既存住宅の劣化診断、現況を的確に判断できるよう、住宅医スクール受講生
の皆さんの「勉強会」として企画したものです。調査リーダーとして山口市
から田尻裕樹さんを招き、県内の建築士や工務店の有志15名が集まり、地盤
調査員2名の合計18名による詳細調査となりました。

↓詳しくはこちら
http://sapj.or.jp/syousaichousa2016-61/

======================================================================
7.住宅医意見交換
======================================================================
■「改修建物を訪ねて~その11」
旧日下部家住宅別邸 ~舞子ホテルとして生き続ける「住宅遺産」
MSD 三澤文子

古く素敵な建物が、簡単に壊されることを阻止するためには、どうしたらいい
のでしょうか? まずは、壊されずに残り、愛されて使われている建物を大い
に褒めて、古い建物を壊さず大切に使うことが「褒められること。」と多くの
人に認識してもらうことなのではないか。と考えました。
今月の、褒めコラム「改修建物を訪ねて」は、神戸市舞子にある「旧日下部家
住宅別邸」です。

↓詳しくはこちら
http://sapj.or.jp/column20161110/

======================================================================
8.パッシブデザイン建築視察&事業化セミナー
======================================================================
■~この秋は、野池政宏と共に、近藤建設興業さんをたずねましょう!~
 11/29(火) 岡山にて開催!

パッシブデザインに全社をあげて取組み、着実に事業に落とし込んで
おられる岡山の工務店「近藤建設興業」さま。
当日は、同社の最新建築の見学に加えて、パッシブデザインに
向かった経緯、具体的な取組み、今後の展開等のお話しをじっくりと
伺います。
実例&生の声から、パッシブデザインを主軸とした事業展開のヒントが
たくさん得られます。この貴重な機会をお見逃しなく!

 
【日時】11月29日(火)
        <見学>10:30~、11:20~、12:10~の3回に分けて実施
        <セミナー>14:40~17:00
【場所】岡山県岡山市北区内

※JR岡山駅にご集合いただき、シャトルバスにて移動します。
※お車で参加希望の方は、お申込時に備考欄にお書き添えください。
(駐車スペースに限りがありますので、ご希望に添えない可能性がございます。)

★詳細については、PDFをご確認ください。
  http://www.passive-design.jp/upload/semi-pdf-20161027190203.pdf

★お申込みは下記よりお願いします。
  http://www.passive-design.jp/seminar/input.php

↓お問合せは下記にお願いいたします。

一般社団法人パッシブデザイン協議会 事務局
松尾 絵美子
TEL 0570-02-8309 (電話受付 平日10:00~12:00/13:00~17:00)
E-mail info@passive-design.jp
HP http://www.passive-design.jp
Facebook https://www.facebook.com/passivedesign.jp/
⇒「いいね!」で最新情報をチェック

======================================================================
9.事務局たより
======================================================================
■木の空間たよりvol.36 11月10日
事務局 藤村直樹

☆10月26日に総務省から2015年簡易国勢調査結果が発表されました。統計以来
初めて総人口が減少し、15歳未満の人口と65歳以上の人口は、ダブルスコア
をつけられる結果となりました。
今年は空家問題、立地適正化計画、そして住宅購入のインスペクションに関す
る動き等、日本という国全体の流れと地域の流れ、その中で我々個人の住宅問
題、「調査して、結果どうするのか」を大きな流れの中でも答えを出していく
住宅医にも求められていく話であると思います。
一度国全体の流れを確認してみてはいかがでしょうか。

・国勢調査の結果はこちら↓
 http://www.stat.go.jp/data/kokusei/2015/kekka.htm
・国土グランドデザイン2050はこちら↓
 http://www.mlit.go.jp/kokudoseisaku/kokudoseisaku_tk3_000043.html
・立地適正化計画はこちら↓
 http://www.mlit.go.jp/en/toshi/city_plan/compactcity_network.html

======================================================================
住宅医通信は、毎月10日に配信予定です。
アドレスの変更や配信停止をご希望の方はお手数ですがその旨返信ください。
           +   +   +
通信に関するご意見・お問い合わせは一般社団法人住宅医協会事務局まで
======================================================================
一般社団法人 住宅医協会 事務局 〒553-0003 大阪府大阪市福島区福島2-9-16 
(tel)06-6454-3465(fax)06-6458-5090(E-mail)info@sapj.or.jp

住宅医コラム 意見交換2016-72

古く素敵な建物が、簡単に壊されることを阻止するためには、どうしたらいいのでしょうか? まずは、壊されずに残り、愛されて使われている建物を大いに褒めて、古い建物を壊さず大切に使うことが「褒められること。」と多くの人に認識してもらうことなのではないか。と考えました。

今月の、褒めコラム「改修建物を訪ねて」は、神戸市舞子にある「旧日下部家住宅別邸」です。

 

「改修建物を訪ねて~その11」

旧日下部家住宅別邸 ~舞子ホテルとして生き続ける「住宅遺産」

三澤文子(MSD)

 

 

去る10月27日に、岐阜県立森林文化アカデミーで住宅医検定会が行われました。その基調講演では、建築家・野沢正光さんが「一般社団法人住宅遺産トラスト」にかかわるようになったいきさつや、活動内容なども、語ってくださいました。

私は、雑誌・家庭画報の連載「住宅遺産~名作住宅の継承」を楽しみにしているのですが、その連載の監修を「住宅遺産トラスト」が行っているのを知り、「良い建築を壊さず残していくこと」の価値を多くの読者に広めて下さっていて、本当に嬉しく思っていたのでした。

同時に、古く素敵な建物が簡単に壊されるニュースも耳にしますが、次第に価値観がかわっていくことを、この連載で感じています。

img_4881  img_4880

 

11月号は宮脇檀設計のブルーボックスハウス。設計・宮脇檀・1971年竣工(築45年)。現在4代目がお住まいです。

執筆の伏見唯氏は、60年~70年代の薫りがする「レトロモダン」と表現しています。また継承のポイントとして「人を惹きつけるデザイン」としています。

 

 

さて、壊されずに残る建物は、用途を変えて、多くの人々が気軽に訪れることが出来る住宅遺産になっています。私たちもそのような建物を利用して、昨年4月に、Ms建築設計事務所の30周年記念パーティーを開催いたしました。

素敵な住宅遺産とは、神戸の舞子にある「旧日下部家住宅別邸」です。

img_2257  cut2016_1108_1820_32

 

この建物は、海運業で名を成した日下部久太郎が、神戸進出に伴って、1919年(大正8年)、明石海峡を望むこの神戸市舞子に建設しました。英国風の洋館で、地上3階、地下1階建てのレンガ造。1階には応接室、2階と3階はベッドルームが設けられているのですが、この洋館に加えて、大規模な和風建築も併設されています。

その和風建築は、日下部久太郎の故郷、岐阜から名匠を呼び寄せ、木曾の山から伐り出した銘木を惜しみなく使っているそうです。

 

 

cut2016_1108_1818_48  img_2288

ここは、まさしく木造を愛する私たちにとって、申し分ない会場になりました。

右上の写真は、宴会の始まりに、栗の専門店、橘商店の橘明夫氏が、乾杯の挨拶をしている場面です。

外は明るいので、ガラス窓の向こうに素晴らしい庭園が見渡せることが、お分かりでしょうか。

 

img_2407

 

品のある欄間や、時間を経た柱や長押の色合い。

MsのOB挨拶が続きますが、このような空間で和やかな時間を過ごし、明日の活力を得ることが出来ました。かつての大邸宅が、こんなふうに現代人の心を豊かにしてくれるのです。

 

現在は 舞子ホテルとして、誰でもいつでもお食事が出来ますし、結婚式も出来るとのことです。ここでの結婚式は好いでしょうね。「どなたかご招待いただけないかな。」

 

 

 

  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月
  • 2018年6月
  • 2018年5月
  • 2018年4月
  • 2018年3月
  • 2018年2月