投稿日:2015年07月06日

住宅医プレスクール2015 九州 第1回のご報告


6月24日(水)、25日(木)の2日間、九州で初めての住宅医プレスクール開かれました。 

これまで、東京・大阪・名古屋・浜松でスクールが開催されていましたが、
九州においても住宅医の取り組みに注目が集まっていました。 


そこで、まずは「住宅医」を知って頂く為のプレスクールを開催することとなり、
なんと79名という多くの方が受講されました。 

 
【6月24日(水)第1回講義】 
第1講義「木造建築病理学と住宅医」 

IMG_1470
三澤文子氏/MSD+MS建築設計事務所主宰、岐阜県立森林文化アカデミー客員教授(住宅医協会理事) 


(社)住宅医協会理事でもある三澤文子氏により「木造建築病理学の必要性 背景と取組」を2つの改修事例をもとに、
適切な調査診断方法や改修手法を解説頂きました。 
これまで、改修を行う上で明確な指針となる「ものさし」は 皆さん知らず、
経験値や各々の感覚で取り組む方が多くあったかと思いますが、
住宅医セミナーでは既存ドックの事前・詳細調査、診断方法などわかりやすく解説。

 

  

第2講義「古民家・町家の改修方法とその実践」 

IMG_1476
松井郁夫/(株)松井郁夫建築設計事務所代表取締役、金沢工芸大学非常勤講師、大工育成塾講師、
内閣府地域伝道師、「き」組代表理事、木の建築フォラム理事 


松井郁夫氏により「伝統的構法とは何か」全国の街並みを周り民家を調査した結果より、大工の木組・支口の特性、
胴差しなしの伝統工法で建てられた民家の限界耐力、温熱改修の求め方をご教示頂きました。 
古民家改修における手法・考え方など、講義を聴けることは大変勉強になり興味深く拝聴しました。 

IMG_1494 
受講者からの質問時間
   
IMG_1528
懇親会の様子


【6月25日(木)見学会】 

プレオープンにともない見学会を行いました。 

自適荘(三澤文子/MSD+新産住拓)三角の家(古川保/すまい塾 古川設計室)リノベモデルハウス(エコワークス)
民家改修モデル 山ぼうしの樹(ミズタホーム)の4現場を廻るツアーを開催しました。 

こちらも大盛況で、バスと車に分乗し69名が参加されました。 

IMG_1539

IMG_1555

IMG_1558
自適荘


IMG_0040
三角の家



IMG_1685

IMG_1668
山ぼうしの樹



エコ
リノベモデルハウス


設計・施工を担当した先生方から現場での設計意図、納まり方法、問題点などを直接お話し頂き、
見学者からも質疑が飛び交う、とても充実した見学会となりました。 
昼食は世界文化遺産に認定された三角西港の旧海軍倉庫を改装したカフェにて。 

IMG_0035 
和蘭館での昼食


2日間に渡り、多数の参加者と共に住宅医について学び、改修に携わる責任と楽しさを共有する時間となりました。 

IMG_1695
参加者の皆さんで集合写真


次回、10月28日は、滝口泰弘氏による、「住宅医による既存住宅の調査診断」深尾精一氏による
「住宅ストックの未来」の講義内容となっています。 
 

 (参加者:新産住拓株式会社 泉保 真史)

※プレスクール九州は全回とも定員に達しているため既にお申込み頂いている方のみの参加となります。

投稿日:2015年07月03日

住宅医スクール2015 浜松 第1回のご報告


6月18日(木)、今年度の住宅医スクール2015浜松が開校されました。

 

まず、第1回目として、スクールの概要説明等イントロの後「木造建築病理学の必要性」「建物調査と報告書の作成」「木造建築病理学の実践」「住宅改修事例を語る-1」という4つの講義が行われ、通年受講者及び修了生等含め60名近くの方々が受講されました。

01

 

第1講義「木造建築病理学の必要性」
三澤文子氏/MSD+Ms建築設計事務所主宰、岐阜県立森林文化アカデミー客員教授

02

第1講義は、(社)住宅医協会理事でもある三澤 文子氏により「木造建築病理学の必要性」について講義が行われました。スクラップ&ビルドの時代から長寿命住宅へ移行する時代がやってきました。今後数年の住宅リフォームの需要及び現状とこれからの市場の拡大について、わかりやすく説明をしていただきました。

 

第2講義「建物調査と報告書の作成」
滝口泰弘氏/滝口建築スタジオ 代表

03

第2講義は、(社)住宅医協会理事でもある滝口 泰弘氏により、「建築調査と報告書の作成」と題して、既存住宅改修のために行う詳細調査方法について講義が行われました。
公正なインスペクション業務を実施するために住宅医の必要性が高まっていますが、十数名の調査員の仕事は講義中の写真で見ても、非常に生き生きと楽しそうに行われていることが、印象深かったです。書類の量は中々大変そうです。

 

第3講義「木造建築病理学の実践」
豊田保之氏/トヨダヤスシ建築設計事務所 代表

04

第3講義は、(社)住宅医協会理事でもある豊田 保之氏により、「木造建築病理学の実践」について講義が行われました。ほとんど経験したことがない、土壁の講義に集中している自分がいました。断熱性能・壁倍率等色々な実験・成果があることに驚嘆いたしました。自力で出来ないもどかしさと、参考にしたい気持ちが高まりました。

 

第4講義「住宅改修事例を語る-1」
堀部安嗣氏/堀部安嗣建築設計事務所主宰

05
06

第4講義は、特別講義として、「住宅改修事例を語る-1」と題して、建築家の堀部安嗣氏に講義をして頂きました。講義の最初に映し出されたバイオリンの写真が印象深かったです。外観にはとらわれず、内容のみで勝負、という考え方は素敵でした。シュールな改装のbefore/afterもとても楽しかったです。

 

以上で第1回の4つの講義は終了し、その後、講師の方々も交えて懇親会も開催されました。

 

07 08

懇親会では、講義で聞けなかった事柄についても、講師よりお話を聞くことができ、終始有意義な時間を過ごすことが出来ました。

(浜松受講生・寺田)