これは[archive.php]

住宅医コラム 意見交換2014-45

「家を見守る」ということ~水廻りの劣化とタイルのクラック
  三澤文子(MSD)

 

今や 浴室はユニットバスが主流。 一方、私の設計では FL+400㎜のハーフユニットバスを使い、その上部の壁はタイルや板張り、天井は板張りにするという仕様が、主流になってきました。

1

 

ただし、それはここ2~3年のこと。それ以前は、2階の浴室以外は現場で造る、いわば「在来型」でした。この在来型と言う呼び名は、ときどき使われますが、今後姿を消しそうな、過去形の雰囲気がします。
数年前は、「ユニットバスなんてバスタイムを楽しむ人にとって何の潤いも無い。既製品をポンと据え付けるなんて、設計にならない。」などと言い切っていました。今でこそそんなに強くは否定しませんが、やはりフルユニットバスは避け、ハーフユニットバスを使って、造り込んでいるわけです。

 

さて、改修工事において、劣化が激しい個所として、浴室廻りが挙げられます。私が設計を始めた30年以上前は、設計事務所の仕事なので、浴室廻りの基礎はRC造基礎の上にブロックを積んで高基礎(FL+1000程度)にしていました。その後、ブロックではなくRC造の高基礎になりました。でも驚きなのは、築30年程度の既存住宅の調査では、高基礎でなく通常の基礎高さに土台という、木軸下地に現場施工の浴室を造っているケースが大変多いことです。古家を改修してその当時流行の浴室にリフォームしたケースもありますが、当時の新築の建物でも木軸下地の浴室です。

2

写真は、浴室の下地ですが、木軸の下地が腐朽して、特に土台の腐朽が著しい状況です。このように既存住宅の浴室は、調査の際も、タイルなど仕上げ材に打診棒(ドライバーなど金属の棒でよい)を撫でて、その際の音の感触で、高基礎があるのかどうかなど、下地の状況を確かめる必要があります。

さて、このように、室内で最も水気の多い浴室。浴室廻りは、日ごろのお手入れも大切です。我が家の浴室のタイルは、阪神大震災の際と思われるクラックがあります。0.5㎜以上あるこのクラック、この高さは下地が木軸部分なので心配していましたが、昨年の改修の際に外部から見たところ、健全でありました。

345

このクラックは、床から高いところにあり、それもバスタブ側で、シャワーなど、水がかかる部分でないことも、健全であった理由と言えます。また、下のほうにあるクラックは、FL+1000㎜までは RC造高基礎なので心配はないと思っています

それにしても、床から 1000㎜くらいの高さまでは、目地汚れ、カビも来ます。それだけ石鹸が飛び散ったり、お湯がかかったりと、汚れやすいのでしょう。基準で決められている各種高さの制限も、こんなところで、頷けることがあります。それにしても、年末に向けて、浴室の大掃除を実行しなければならないと実感。やはり「掃除・お手入」が大切ですね。

さて、クラックの基準寸法 5㎜、3㎜ がなぜ、その寸法なのか? 住宅医スクール大阪の、中島先生の講義の中(Q&A)で詳しい説明があり、受講者のアンケートでも「説明を聞いて合点がいった。」との感想がありました。
遅ればせながら、私は、その講義を明日、住宅医スクール浜松で、受講することになっています。

事例紹介2014-40 岐阜県安八郡

 岐阜県安八郡の詳細調査  アイ・アーキテクト 石原靖子

 

調査概要

■所在地 岐阜県安八郡安八町
■調査日時 2014年8月11日
■構造規模 木造2階建て
■床面積 約220㎡(約67坪)
■築年数 約50年
■改修履歴 約50年前に約55坪の2階建てを建築。約30年前に約12坪の平屋を増築。現在に至る

 

 1
ライフスタイルの変化に伴い、改修計画をご検討中のお客様からご相談を頂きました。
お客様は「調査もせず改修プランを提示してくる建築会社」に、違和感を覚えてみえました。
詳細調査後、改修計画を提案させていただくために、今回の調査の運びとなりました。
住宅医、WOODACスタッフ、住宅医スクール・木造建築病理学の修了生・受講生の計14名で調査を行いました。

タイムスケジュール、役割分担等打合せの後、調査開始。
調査前日が大雨でお天気が心配されましたが、調査日はお天気にも恵まれ、
外部、屋根の調査も順調に行うことができました。

 

 2
■屋外、屋根劣化調査の様子■
劣化状況を調査しました。

 

 3
■内部調査の様子■
劣化状況、柱の傾斜、床レベル等を測定しました。

 

5

4

■1階床下調査の様子■
敷土台の水浸み、蟻害が確認されました。
含水率計により、土台・束・大引・根太・床下地板の含水率を測定しました。
床下の断熱材は確認されませんでした。

 

6 

■小屋裏調査の様子■
水浸み(雨漏り)のあとは確認されませんでした。
断熱材が天井、屋根ともありませんでした。
壁には土壁が確認されました。
断熱材の現況を知ることで、
改修後の温熱環境の提案をシミュレーションと共に、より具体的に提案できます。

 

7
■2階床梁調査の様子■
構造図を復元できるよう、調査しました。


猛暑の中での調査でしたが、事故・怪我がなく、順調に調査が完了しました。
一人ではとてもできない調査を、住宅医の既存ドックを活用することで、
効率よく正確に調査することができ、ご協力頂いた皆様にお礼申し上げます。

 

未調査の部分もありますが、このような調査をすることで「壊してみないとわからない」を極力減らすことができ、構造計画、温熱環境計画、意匠計画、改修計画等が具体的に立てやすくなりました。
改修工事予定の工務店スタッフ(現場監督、大工さん)にも参加頂いた方がよかったかな、というのが反省点です。
また、報告書をまとめることで、写真の取り方や野帳の書き方のコツも見えてきました。

 

初めて調査に参加しましたが、
専門家がチームを組んで詳細調査を行う「既存ドック」の有効性を体感しました。
設計の差別化になるし、何よりもお客様に現状を知っていただくことができます。
このシステムを、エンドユーザーに広く認知してもらえることを願います。

 

ご協力頂いたみなさま、ありがとうございました。

 

アイ・アーキテクト 石原

住宅医スクール2014 東京 第4回のご報告

9月4日(木)、住宅医スクール2014東京・第4回が開催されました。

今回は「木材の劣化と対策②」「防蟻対策の実務」「構造的不具合の原因と対策③」「住宅改修事例を語る③」の4講義が行われ、40名が受講されました。

第1講義「木材の劣化と対策②~木材の防腐対策・防腐に向けた様々なアプローチ」

桃井郁夫 氏/独立行政法人森林総合研究所木材改質研究領域チーム長

IMGP4040

第1講義は、木造住宅に菌を寄せ付けない環境の作り方からはじまり、木材の保存処理の種類、保存処理木材の性能といった木材の防腐に向けた様々なアプローチについての講義でした。無処理、保存処理の木材の耐久性や、木材保存剤の安全性については、野外の暴露試験結果や化学的成分分析に裏付けられた解説をしていただきました。

第2講義「防蟻対策の実務~シロアリ駆除と予防法の事例」

水谷隆明 氏/阪神ターマライトラボ代表

IMGP4041

第2講義はシロアリの生態、侵入パターン、被害実態の事例、シロアリ駆除の事例、予防対策についての講義でした。水谷氏自らが行ったシロアリについての観察、調査、対策などのリアルな現場情報満載のお話でした。

第3講義「構造的不具合の原因と対策③~伝統木造の耐震設計」

山田憲明 氏/株式会社山田憲明構造設計事務所代表取締役

IMGP4049

第3講義は、伝統木構造について、概要からはじまり、構造要素、耐震設計、耐震補強と耐震改修の講義でした。1講義ではおさまりきれないくらいの内容でしたが、限界耐力計算の概要や山田氏が携わったお寺や住宅などの耐震診断と耐震改修事例も紹介していただきました。

第4講義「住宅改修事例を語る③~古民家再生から見える日本の家」

松井郁夫 氏/株式会社松井郁夫建築設計事務所代表取締役

IMGP4052

第4講義は「古民家再生から見える日本の家」をテーマに、伝統的構法とは何かにはじまり、伝統木造の実大実験や民家調査から見えた知恵と工夫、松井氏が手がけた古民家の改修事例の講義でした。民家調査に基づく分析や貫構造の考え方などを踏まえた、改修事例の詳細な解説をしていただきました。

以上で第4回の4講義は終了し、その後懇親会も開催されました。

(関東事務局 森本)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月