これは[archive.php]

事例紹介2014-39 福井市花堂

福井市花堂の詳細調査 MSD 佐治あゆみ

 

調査の概要

■所在地:福井県福井

■調査日時:20147月14

■構造規模:木造二階建

■建物面積(調査範囲):約100㎡

■築年数:築30年以上、詳細は不明

調査依頼主は住宅医として福井県で活躍されている山田健太郎さん。

今回の物件は旧北陸道北陸道沿いに建つ曹洞宗のお寺の庫裡の一部です。

福井市は昭和20年の大空襲に始まり、昭和24年の大地震(マグニチュード7.1)、その後の水害と度重なる災害にみまわれ、古い建物はほとんど残っていません。

昭和59年と平成09年に改修・増築をしています。

 

IMGP4387DSC_0054

今回、改修工事を計画するにあたり建物の詳細調査を行う運びになりました。住宅医スクール・木造建築病理学の修了生の方、受講生の方、以前からこのお寺の改修に携わっている工務店さん、地盤調査会社さん合せて14名で調査を行いました。

 

IMG_6882IMGP4499

IMGP4482

 

1階の畳をあげて床下へ侵入しています。一部蟻害・腐朽が確認されました。ドライバーを刺して劣化の度合いをはかります。

 

 

IMGP9174IMGP9197

IMGP9146IMGP9132

小屋裏へは収納上部から侵入しています。断熱材50mmが確認されました。

1階天井から覗いて、2階床の構造、劣化等を調査しています。

含水率は10~15%程と比較的乾燥していました。

 

IMG_6941

劣化調査には山田さんの恩師であり、民家の研究をされている福井先生にお越しいただきました。

積雪と屋根の関係や劣化の原因等、地元の歴史・気候風土の詳しい先生だからこそ把握できる調査となりました。

IMG_6885IMG_6909

少ない人数でしたが、室内の調査も段取り良く進みました。

 

IMG_2747140714國永邸詳細調査集合写真

 

調査後は野帳をまとめたり、振り返りシートを記入します。調査の反省点・改善点等を記入し、今後の調査に生かしていきます。

 

 

暑い中での調査となりましたが、無事調査を終える事ができました。

 

これから約一か月かけて報告書を作成していきます。ご協力いただいた皆様、ありがとうございました。

 

また今後の調査もぜひご参加くださいませ。

 

MSD 佐治

住宅医スクール2014 大阪 第2回のご報告

7月19日(土)、住宅医スクール2014大阪 第2回 が開催されました。

第2回目は「構造に関する法規、基準関連」、「構造的不具合の原因と対策①②」、という3つの概要講義、および特別講義として篠田望一級建築士事務所・篠田望氏に「イタリア建築改修と保存の精神」
というタイトルでお話をいただきました。講義の後には懇親会が開催され、意見を行う楽しい場となりました。

昨年度からの継続受講生や修了生も合わせて、33名が参加しました。
IMG_7190

第1講義 「構造に関する法規、基準関連」
河本和義/TE-DOC主宰

IMG_7167
第1講義は、TE-DOCの河本氏より、「実務者から見る構造基準」と題して、構造に関する法規・基準について講義が行われました。
構造における建築基準法・品確法・住宅性能表示・一般診断法や精密診断法の基準・計算ルート等について解説いただきました。
改修時、構造分野は大変重要な要素であり、疑問点も多い所。今の基準がどうなっているのか。法律や基準を知る良い機会となりました。


第2講義 「構造的不具合の原因と対策①」
小原勝彦氏/岐阜県立森林文化アカデミー
IMG_7175
第2講義は、木構造で著名な小原氏より、「地盤・基礎・軸組の調査診断」と題して、既存住宅の耐震診断方法や構造的不具合の事例紹介とその対策方法を語っていただきました。
詳細調査において構造診断はその後の改修計画を大きく左右する大切な調査。地盤や柱・床の傾斜、クラックの調査方法やその目的・基準等、構造を検討する上で重要なお話ばかりでした。


第3講義 「構造的不具合の原因と対策②」
河本和義/TE-DOC主宰+豊田保之氏/トヨダヤスシ建築設計事務所代表

第3講義は、河本氏と豊田氏の共同講義。
豊田氏が実務の中で疑問に思う事を、河本氏に投げかけ、質問します。
改修時は、現在の基準に合わないことが多くあり、疑問や質問がたくさんでてきます。
改修時における基礎と柱の緊結方法や断面欠損の補修方法と実務に沿ったQ&A方式で大変分かりやすい講義でした。

IMG_7188
第4講義 「住宅改修事例を語る-① ~イタリア建築改修と保存の精神~」
篠田望氏/篠田望一級建築士事務所
IMG_7196
第4講義は、篠田望一級建築士事務所の篠田望氏より「イタリア建築改修と保存の精神」というタイトルでお話をいただきました。
古い物を大切にして長く使う習慣のあるイタリア。週末には家族で掃除を行い、掃除の延長で壁を塗り変えたりするそうです。
住まいを常に奇麗に保つという精神は、住まいを永く使う精神にも繋がる事と感じる大変有意義な講義となりました。

講義の後には、懇親会を開催し保存の精神、日本の文化について深い御話に盛り上がりました。
単発の受講も可能ですので、ご希望の際はお気軽に事務局までご連絡下さい。
(大阪事務局 佐治)

住宅医コラム 意見交換2014-44

「家を見守る」ということ~夏のくらしのヒアリング
三澤文子(MSD)

 

この春、新築され入居されたSさんから、メールがありました。 メールの件名は「戸の隙間から入ってくる虫たち」 その本文は、「夏になって虫が多くなってきました。結構家の中にも入ってきます・・・・・」と続きます。

 

外部、特に南面に木製建具(ガラス框戸+格子網戸)を設けるのは、私の標準的な設計スタイルですが、その木製建具の隙間から虫が入って来るということ。メール本文では「虫が入って来るほどの隙間があるとなると、冬季の気密性能において、かなりひどいことになるのではないかと心配・・・」とありました。深刻に心配されていますが、今回の問題は、夏は網戸の隙間のこと。冬のガラス框戸の問題とは切り離して考えなければなりません。そんなことで、心配を払しょくさせることと、夏の生活の様子も拝見したいことから、早速伺いました。

 

12
S邸は、神戸市の高台の、海が見える傾斜地にあります。あたりは樹木も多く、庭も、厳選された雑草(Sさん曰く)に囲まれ野趣溢れる雰囲気になってきました。

 

3

種をまいたクローバーも良く育ってきていて、なんと、ある早朝、そのクローバー絨毯の上に寝そべって母イノシシが赤ちゃんイノシシにお乳をあげている情景をSさんご夫妻が目撃したとのこと。なるほど野趣味そのもの。虫たちも多いはずです。

54

虫の侵入は、戸首のしゃくり部と鴨居との間隙間にありました。それによって網戸の上部隅の5ミリくらいの隙間からゴキブリが浸入するのを目撃。このままだとムカデも入ってくるのでは?という恐怖から、Sさんがスポンジ板で塞いで応急処置をしたそうです。

 

今回、この格子網戸については、すべて、建具屋さんに、戸首部分にスポンジ製の防虫パッキンを取り付けてもらうことにしました。また同時にアルミサッシの網戸の施錠についても相談があり、ホームセンターで、簡単+スッキリした鍵を見つけ、お届けしました。

 

ついでに、このところの暑さに関して、家の中の状況をヒアリング。
●高台にあるためか、とても涼しい。エアコンは使っていない。
●床下に設けたエアコンは、6月の湿度の高い日に除湿で使用したがとても効果があった。
●1階がとても涼しい。
●2階が一番暑い。猛暑の日、娘(2階に個室)は1階で寝た。
●階段室上部の頂側窓(屋根に設けたドーマー窓))は大変効果的で、よく風が流れている。(北隣の家の音が良く聞こえてしまうのが誤算)

 

ということで、気持ちよく夏の生活をされているご様子で、ひと安心。開口部は格子網戸で日射を遮蔽しているのが、とても効果アリです。だからこそ、虫の侵入問題はしっかり解決しなければなりません。

  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月