投稿日:2016年12月14日

住宅医スクール2016 東京7回の報告


12月8日に住宅医スクール東京第7回が開催されました。

第1講義 契約実務の留意点 ~瑕疵及び依頼者とのトラブルを回避する方法 田中健司氏

第2講義 木造住宅関連施策の動向とその対応~木造住宅関連施策最新情報と対応実践事例  池田浩和氏

第3講義 マンションリフォーム~マンションリフォームの基礎と実践  小谷和也氏

第4講義   インスペクションの現場から~住宅診断の実務  栃木渡氏

(全体)
・みなさんマニアックで面白かったです。
・いづれの講義も、最前線で実務をされている方の具体的で大変参考になりました。
・すぐに役に立つ内容でした。
・各社の真摯な取り組みが大変参考になった。
(第1講義)
・工務店サイドの具体的な説明とても興味深く聞きました。
・社歴が似ているので、大変ありがたかったです。
・契約書類をないがしろにしていたことを反省しました。

(第2講義)
・とても有意義な講義でした。講義を聞いて知らないうちに、建築の世界が変わった驚きを感じました。
今まで不勉強過ぎた。
・複雑でわかりにくいことをわかりやすく説明していただきました。
・住生活基本法ーマスタープランに関しては興味深くさらに勉強しようと思う。

(第3講義)
・マンションリノベは、誰に聞いても曖昧だったことを、とてもわかり易く解決したので、受講してよかった。
・講義時間が足りず残念だった。
・ポイントを抑えた講義の内容でわかりやすく面白かった。
・フローリングの遮音性能の話面白かったです。

(第4講義)
・不動産も扱うためためになりました。
・今後のインスペクションの方向性がわかった気がしました。ありがとうございます。