投稿日:2016年10月26日

住宅医スクール2016熊本 第4回の報告


10月15日に住宅医スクール熊本第4回が開催されました。

第1講義 防蟻対策の実務 シロアリ駆除と予防法の事例 前迫淳志氏(廣瀬産業(株))

第2講義 構造的不具合の原因と対策③ 山田憲明氏((株)山田憲明構造設計事務所代表取締役)

第3講義 構造的不具合の原因と対策④ 山田憲明氏((株)山田憲明構造設計事務所代表取締役)

第4講義 熊本地震の構造的被害②  槌本敬大氏(国立研究開発法人建築研究所材料研究グループ上席研究員)

14590244_664525277031656_2562131898451284653_n

14681847_664525270364990_6725700193229133954_n
☆受講者のアンケートから☆

・第1講義 ホウ酸の実験結果にはただただ驚きました。
・第2講義 要所要所フローチャートを用いて説明くださり、苦手分野ですがわかりやすかったです。
第4講義 熊本在中の一個人として考える事の多い報告でした。残留変形を数値化していくベースや、劣化による耐震性低下と補強がもっとメジャーになることを祈ります。
・熊本地震の報告を聞いて、耐力壁のバランス、接合部金物の効果を改めて感じました。今後の対戦補強の工事のポイントとします。
・シロアリについてはとても勉強になった。構造に関してはとても難しく、もっと勉強の必要性を感じた。熊本地震については時間の経過とともに、詳しいお話を聴けてとても勉強になる。講師によっても見解が異なり勉強になる。
・構造計算についてはこれまで許応力度計算までは知っていたが、限界耐力等については初めて習ったので、難しいけどもっと知りたいと思った。
・第1講義では若干偏った視点の発表だったと思う。健康被害についての言及まで欲しかった。

第4講義のまとめは、また後日アップいたしますのでお楽しみに!