投稿日:2015年11月09日

住宅医プレスクール九州 第2回の報告


10月28日(水)住宅医プレスクール 2回目開講致しました。

会場は熊本市国際交流会館
受講者数67名

IMG_3341_R

 

 

第1講義 住宅医による既存住宅の調査診断
    滝口泰弘氏(滝口建築スタジオ主宰/住宅医協会理事)

IMG_3348_R

 

 

 
住宅医による、診断方法、調査方法を説明頂きました。設計者の中には床下や小屋裏に上ったこともない方もいらっしゃるかもしれませんが、住宅医となるうえで、適正に自身の目で確認することは重要です。その後調査診断結果概要を作成し、提案に基づくレーダーチャートを作成し6つの性能向上をめざします。
滝口先生のご実家の詳細調査を解りやすく解説頂きました

IMG_3352_R

 

 

 

第2講義 住宅ストックの未来 ~長寿命化に関する様々な課題
     深尾精一氏/首都大学東京名誉教授

IMG_3355_R

 

 

IMG_3361_R

 

 

住宅ストックは今後どのように変化するかを、住宅残存数、世帯数、築年残存数の変化に基づき解説頂きました。
また、深尾先生のご自宅改装事例を発表下さいました。

懇親会会場を熊本城内の城彩苑 夢あかりにて。
2回目となり、参加者の交流も増え話も大いに弾みました。

 

IMG_3371_R

IMG_3379_R

 

新産住拓 泉保 真史