投稿日:2018年12月10日

住宅医スクール2018 第6回の報告(大阪 防火・設備・高齢者)


宅医スクール2018 大阪 (第6回:12/1)

第6回目は、「防火・設備・高齢者」

防火は桜設計集団一級建築士事務所代表 安井昇先生

設備は(株)清水 代表取締役 清水基之先生

高齢者は、(株)高齢者住環境研究所 代表取締役 溝口千恵子先生

☆全体アンケートより抜粋☆

■今後の講義内容の要望

■第1講義
・実際の配管等を見られてよかったです
・実体験に基づくお話で適正な水勾配(1/100)の話がとても説得力がありありがたく思いました。
・以前受けていたが改めて聴くと頭に入ったと思います
・配管設備ではトイレメーカーの節水競争が配管業者にとっては困り事になっている等、業界の内輪話もためになりました。

■第2講義
・防火に関して木・土の強さが具体的にわかりました。消火器、区画は取り入れやすく大切だと感じました
・防火の話をもっとききたかった
・考え方をわかりやすく動画を交えてよかった
・防火の話は今後も役に立てられそうです。ファイヤーストップの必要性などもう少し聞きたかった
■第3講義
■第4講義
・高齢者対応のリフォーム事例写真を交えての話参考になりました。お客様との接し方についても参考になりました
・改修事例の写真が接近しすぎて若干わかりにくかった(引きがないので難しいと思いますが)


■その他講義全体
・日頃の業務であまり考えない視点に気づくことができて業務に生かせると思う
・設備防火性能といった専門的な内容についての講義は大変良かった
・設備、防火、高齢者介護どれも非常に勉強になった
・設備防火高齢者対応、普段目をそむけがちな部分にもしっかり考えることが、建築士の責任だと思いました

投稿日:2018年11月09日

住宅医スクール2018 第6回の報告(防火・設備・高齢者)


住宅医スクール2018 東京 (第6回:11/1)

第6回目は、「防火・設備・高齢者」

防火は桜設計集団一級建築士事務所代表 安井昇先生

設備は(株)清水 代表取締役 清水基之先生

高齢者は、(株)高齢者住環境研究所 代表取締役 溝口千恵子先生

☆全体アンケートより抜粋☆

■今後の講義内容の要望
・今回も充実した内容でした。簡単には得られない貴重な情報を惜しみなく教えて頂き大変勉強になりました。火災の実験ビデオには非常に驚きました
・耐火防火関連の実験情報(木の面格子の実験は面白く活用できないかと思ったため)
■第1講義
・実大実験ビデオを見させて頂き防火30分やらの意味がよく感じられた。ビデオをもっとみたいです
・防火は楽しく臨場感のある授業でした一日くらいお話をお伺いしたいです
・時間が足りない印象。リフォームへの具体的な展開を知りたい
・もっと時間をとっていただきたかった
・第1講義は内容が盛りだくさんだったので2コマあっても良かったと思います
■第2講義
・実務的な話が聞けたのでよかったです
・実際に管材をさわってみれたのはよかったです(資料は検索すれば知ることはできますが)自分で図面に記載していても実際に見たことがない管材もあります)設備の劣化診断のような講習はおそらく単独の講習ではなかなか聞けないと思いますので住宅医スクールの一連の講習に組み込まれており良い機会で勉強になりました。
・細やかな話の内容で具体的でためになりました
■第3講義
■第4講義
・高齢者リフォームでは具体的な実例をたくさん拝見できてよかったです。
・高齢者対応=介護保険では無いと思う十分に時間があるのでもう少し幅広い話をしてほしい。最低でもリフォーム減税制度程度は視野に入れてほしい
・溝口先生の事例を見させていただいて参考になりました

■その他講義全体
・なんとか修了することができ安心しました。今後も一般会員として参加し、検定に向けて少しずつ研鑽する所存です。孫が生まれ忙しい日々ですが溝口先生のご活躍を励みにしてできることから始めたいと思います
・今日でスクールが終わってしまいました。毎回毎回ためになるとして受けることが楽しく終わりました。できればまた講習を受けたいです

投稿日:2018年11月01日

住宅医スクール2018 第5回の報告(福岡 防蟻構造2)


住宅医スクール2018 福岡 (第5回:10/25)

第5回目は、「防蟻構造2」

防蟻は、阪神ターマイトラボの水谷先生、
構造は、桃李舎代表の桝田先生
そして第4講義はリフォームの匠、TVでも見られた方は多いのではないでしょうか 中西ヒロツグ先生

■今後の講義内容の要望
今回の講義内容とは少しはなれた内容となるかもしれませんが、耐震診断の評点の結果を一般の方に説明する際にどう説明するかという点をみなさんがどの様にされているか伺ってみたいと思いました。

■第1講義
・第一講義、今までの認識と違う事が分かって大変よかった。
・ 床下調査の際のマスクの必要性を再認識しました。
・白アリのお話は、これまで何度か他で聴いた話と同じような内容なのかなと期待していませんでしたが、かなり違う視点からの話で、とても興味深かったです。
・ 化粧モルタルの浮き、化粧タイルのすき間、ベタ基礎の外からの浸入、これまでの防蟻処理が無意味であることが分かった。また空家は被害が甚大になるため調査時には注意が必要である(中古流通)薬剤の安全性、少量でも効果大の方法があること。
・ 白アリの講義が1講義にあったが、白アリとはうまく付きあう事が必要だと思った。マイクロ粒子が気になった。

■第2,3講義
・ 第2,3講義は内容が難解なのに解説が不十分だったように思う。何を質問すればいいか分からないくらい…
・構造設計の考え方をわかりやすく説明いただいたのでよかった。
・ 限界耐力計算のお話はレジュメに計算の流れなどが少なかったので、ついていくのに苦労しましたが、伝統工法の建物の構造計算の考え方に触れることができたのは、とても有意義でした。
・耐震性能の目安、概算値を理解すれば初回訪問で補強計画の提案が出来る。あらかじめ“J-SHIS”で地盤の強さを調べていくとなお良い(断層情報も有。
・構造はむずかしかった!!
・ 限界耐力計算は古民家改修等で積極的に取り組んでみたいと思いました。裁判のお話もおもしろかったです。

■第4講義
・ 施主様と密にヒアリングをし、喜んでいただきたいという想いが強く、リフォームをされているのが伝わりました。
活かすアイデアをいらなかった物を必要だと感じてもらうようにしているのもすばらしいと思います。
・住宅改修事例は楽しい講義でした。
・ 住宅改修事例のお話も考え方の部分のお話がしっかりあってとてもよかったです。
・“リノベーション3ヵ条“次の世代のため、尺モジュール・可変性の担保、特殊なものは避け、容易にメンテナンスできることが大切。長く住みつがれることを念頭にお施主様の要望を実現する(住まい方、性格を組み取る力が大事)
・ 第4講義は聞いていて良かった。
・中西先生の設計手法や姿勢がとても共感できました。

■その他講義全体
・造に関する計算根拠などを今一度、確認・勉強しなければいけないと感じました。
・九州で今回の阪神ターマイトラボの水谷氏の様に白蟻のことに詳しい業者の方がいらしたら教えて頂きたいと思いました。
・ 大変参考になりました。難しい内容もあり理解するのも大変ですが勉強したいと思います。
・来年2月、検定会、受験希望します。詳細・発表内容などの質問にアドバイスをいただけるとありがたいです。
・中西先生の“ビジョン”が素晴らしいです。ますますリフォーム・リノベーションを楽しみたいと思いました。
・ 分野における一級の内容に感じ、大変有意義に感じております。