投稿日:2017年01月24日

住宅医が紹介されています。CASA BRUTUS NO. 203


住宅雑誌「CASA BRUTUS NO. 203」にて、住宅医であり理事の小柳さんが掲載されています。

http://magazineworld.jp/casabrutus/casabrutus-203/

耐震基準から大きく乖離した建物をどのように治療していったか、

ストーリー建てで掲載されています。

是非、お手にとって御覧ください。

 

投稿日:2015年01月10日

住宅医の掲載誌情報2つ 連載開始!


2015年に入って早々、

住宅医が取り上げられている、又は執筆の情報を2つご紹介します。

 

1.住宅建築2月号 2015No.449

住宅建築-表1-4-ol

中島正夫代表理事 三澤文子 滝口泰弘による講演会のダイジェストです。

住宅医の理念と仕事がまとまっている良記事です。

 

2.建築ジャーナル 2015年1月号

20150108_1296667

連載記事の1回目。

トヨダヤスシ建築設計事務所の豊田さんが執筆されています。

「壊す」ではなく、家を「治す」住宅医 を訴えています。

 

どちらも一般の方が目に触れにくい媒体ですが、建築士や業界団体で「住宅医」の認知度と、

住宅医の必要性を理解していただけるでしょう。

 

既存住宅を改修するなら、まず住宅医へ相談しよう

となる日々も近づいています。

 

投稿日:2014年08月01日

住宅建築 2014年 8月  住宅医の仕事


これまでの住宅医の活動と成果物を特集していただきました。

必見です。

 

特集

住宅医の仕事─治す力を備えた設計者の仕事8題



巻頭小論① ストック活用型社会の実現と建築病理学

      文=中島正夫/関東学院大学 建築・環境学部



巻頭小論② 治す力をもった住宅医の育成

      文=三澤文子/Ms建築設計事務所・MSD



巻頭小論③ 既存住宅の診断調査 “既存ドック”

      文=滝口泰弘/NPO WOOD AC



小さな空家との幸せな出会い

ふくまちや

 設計=Ms建築設計事務所・MSD/三澤文子



街をつなぐ面影

美濃町の家

 設計=辻充孝+手嶋尚人



土壁と上手につきあう改修

岩園の家

 設計=トヨダヤスシ建築設計事務所/豊田保之



京都にいきる古家の手しごと

相合町の長屋

 設計=日暮手傳舎/吉田玲奈



路地長屋のこれからを考える

極小京借家

 設計=Atelier 棲咲舎/荒井圭一郎



木々のなかで生まれかわる

尾根の山荘

 設計=もりちかぐみ/森本周子



暮らしに合わせてこつこつ改修

西日を愛でる家

 設計=村上登男一級建築士事務所 Nomad Architects部/村上洋子



中古住宅を朗らかな住まいに

宇治木幡の家

 設計=ツキデ工務店

 

 

編集・建築思潮研究所
判型:A4 判
頁数:140
定価:本体2333円+税
発行年月:2014/08
雑誌コード:05231-08