投稿日:2017年12月11日

住宅医コラム 意見交換2017-85


「トイレコラム」
トイレ設計手法 ~ 事例から見るトイレ空間④
三澤文子(Ms建築設計事務所)

 

ついに、トイレコラムの最終回。
今月は、今年1年出先で使ったトイレの中で最も「気になるトイレ」をご紹介したいと思います。

「気になる」とは、刺激になる。という意味で、トイレ空間づくりにあたって、
「何か、取り入れる要素がありそうな予感する。」といったことでしょうか。
そんなトイレに出会うと、本当に嬉しく幸せな気持ちになります。
そのトイレは、信州伊那市にあります。
古い倉庫を改修して古道具や器、お花などを売る素敵なお店「草の音」のトイレです。

http://kusano-ne.com/

店舗に使われている古い倉庫は、かつて繭蔵だったそうです。
養蚕が盛んだったころ、この地には、このような繭蔵がたくさんあったのだそうですが、
最後の繭蔵だったこの蔵も、持ち主さんは借り手がいなかったら近い将来壊すことを考えていたそうです。
そんな繭蔵を改修してつくった店舗。トイレは3階にありました。

 

 

およそ4帖くらいの広さのトイレ。
梁が見えていて、それ以外は白く塗られています。床も板張りですが、古い木材をあえて白く塗っています。
そして、奥に洋便器がぽつんとあります。

 

 

洋便器に座るとこのような風景。
洗面にも使える手洗い器の横には、アンティークの鏡台が置いてあります。
鏡台の大きな鏡はトイレから出るときに身だしなみがチェックできます。

 

 

入口は引き戸で、ガラス框戸ですが、実はガラスではなく樹脂ガラスでした。
それがいかにもレトロっぽく感じさせます。シンプルなサインも良く練られているデザインだと思います。
残念ながら向かって右の男子トイレには入る勇気が無かったことが悔やまれます。

 

 

実は、女子トイレは2部屋ありました。出入口の引き戸のサインが少し異なることでお解りと思います。
このトイレはさらに広く、幅の広い洗面台があるなど少し構成が異なります。

 

洗面台はモダンな白。
ただ、鏡は古い木の框付きのもので、白に古色のメリハリある組み合わせがとても素敵です。

 

便器周りには個性的な紙巻き器が立っています。
紙を切りにくいのは難点ですが、こんな考え方もありか。と考えさせます。
こちらは鏡台でなく、これもアンティークのキャビネットが置かれています。

2つの女子トイレ。どちらも少女のお部屋のような空間で、大げさに言えば異次元に旅したような気分になります。
短い時間の滞在、そして一人きりの空間。素敵なトイレをつくるのに、とても参考になりました。

 

トイレコラムを書いていたせいか、年末にトイレのリフォーム設計を頼まれました。
早速ただいま施工中ですが、年内には気持ちのいいトイレに仕上がって、
お正月、家族の皆さまが集まった際には喜んで使って頂きたいと思っています。

投稿日:2017年11月22日

住宅医スクール2017 第6回の報告(富士 温熱・省エネ)


住宅医スクール富士 第6回は温熱・省エネで1日辻先生講義となりました。

☆受講者のアンケートから☆

 

■講義全般

・日常生活に関わる講義で、とても興味がわく内容でした。もっとゆっくり内容を把握しながら聞きたかった。

・断熱や結露についての直感的な感覚をみがいて、特に改修物件での提案ができるように実務でも生かしていけるようになりたいです。
定量的な説明をする上でとても役に立ちました。

・内部結露の問題が会社内でもちょうど問題になっていて、内装材の重要さや結露のしくみがよく分かった。断熱材のしっかりとした入れ方をよく知りたい。

・ワークショップで他の方の話が聴けて、すごく良かった。

・プラン演習できませんでしたが、面白かったです。

・実用的な内容、計算方法が聞けて良かった。

・辻先生の講義は3回目ですが、毎回バージョンアップしているようですね。大変有意義でした。

 

投稿日:2017年11月22日

住宅医スクール2017 第6回の報告(東京 温熱・省エネ)


住宅医スクール2017 東京 (第6回:11/16)

11月16日に東京で第6回(温熱・省エネ)が開催されました。

毎年好評の森林文化アカデミー辻先生の1日みっちり温熱環境講座です。

■講義全般
・昨年も本日の講義を受けました。昨年よりも多少理解が深まりました。復習をして宿題を提出したいと思います。
・自分でもやってみます。八ヶ岳、常時人がいない、室内0℃以上を実現するためにいろいろ考えてみます。
・以前に辻先生のお話は東京建築士会のセミナーで拝聴したのですが、
もうすっかり忘れており、しかしさすがに駆け足だったので追いつくのが大変でした。
温熱計算をしっかり身に着ける事→復習と、事例で演習を重ねるしかないと思いますが、
設計意図、机上の性能を担保する施工技術、というかそもそも特に部分改修の際にどのように理論を満足する設計ができるのか、
そしてそれを精度よく施工する体制、技術の育て方は、、、それは経験を積むしかないと思いますが、
難しいものだと思いました。演習楽しかったです!
・すごく勉強になった。きちんと復習します。
・省エネについての考え方にとても共感いたしました。なんとか設計に私も応用できるよう努力していきたいと思います。
・とてもわかりやすい講義でした。今まで高気密高断熱にはどちらかと言うと賛同できない考えだったのですが、
なぜ必要か、どこまでするのが適切なのかがよく分かりました。
ただ、スピードが速すぎて理解したつもりのことも記憶があいまいです。
復習して実際に計算することを身に着けて、覚えている必要を痛感しました。
8年前に自分の設計で建てた住宅で早速検証してみようと思います。
毎回期待以上の内容で、受講して良かったと思っています。あと2回がんばります!
・たいへん分かり易く集中して向き合うことができました。
早口でついていくのに必死でしたが、UA値、Q値、ηA値、自分で算出できる感覚が感じられたので、
すぐに計算に取り組んでみようと思います。4限は短時間での計画になかなか対応しきれなかったのですが、
他の人の考え方も聞き、グループワークは大変面白かったです。
・非常に難しく有意義な講義でした。きちんと復習して身に着けていきたいと思います。
来年もう一度参加したいと思います。無事修了できてよかったです。お世話になりました。
・結露の話は勉強になった。
・とても有意義な講義でした。断熱、日射取得の検討を実際の計画でしてみようと思いました。
暖房、給湯機器の選択にも、今回得た知識を生かしたいと思います。
・密度の濃い講義でした。
・短い時間のエスキス、久々でしたが、やってみると皆ちがうので、勉強になりました。
・豊田先生が絶対一番受けて欲しい授業だと!との意味がよく分かりました。お世話になりました。
・苦手な省エネ分野でしたが、理解できそうです。宿題を提出し、活用できるようにしたいと思います。
結露についてさらに理解を深めたい。全講義の受講が修了しました。とても有意義な内容でした。一年間有難うございました。
・第4講義、いろんな案が比較出来てよかった。
・頭の切り替えに少し時間がかかったが、なんとなくわかったような気がした。
・改修の計画の発想、考え方等、とても参考になりました。
講義内容はとても有意義でしたが、お時間的には、もっとじっくりとお伺いしたかったと思います。
・今回は全て辻先生の講義ということで満喫いたしました。以前一度、概要のお話を伺ったことがあるのですが、
今回はじっくり一日をかけてということで、復習ができました。
第4講義のエスキスも短い時間でしたが、グループワークができて楽しかったです。
・駆け足でたくさんの内容でしたが、要点をとらえて説明して下さっていたので難しく感じませんでした。
あとでゆっくりそしゃくしようと思います。ワークショップもみなさん考えや優先順位によって違うプランがたくさんでておもしろかったです。
個人的にはコストも大事だと思いました。総改修で構造、断熱、内装、外構、、、2500万でおさまるかしら。
・内容が濃く大変良かったです。実務に活かせる講義でした。が、早すぎてもったいなかったです。
もっと時間をかけて聴きたかったです。資料の各ページが小さすぎたので、もっと大きく見やすい方が良かったです。
自分なりに勉強してもう一度受けたい講義でした。
第4講義、他の人のエスキスを見るのは面白くて勉強になりますね。今回も有難うございました!