投稿日:2018年10月05日

住宅医コラム 意見交換2018-85


住宅医リレーコラム 2018年10月号
リレーコラムでは毎月住宅医協会の理事等による月替りコラムです。
10月号はMs建築設計事務所代表の三澤文子氏のコラムです。

 

「中京・風の舎」が、住まいのリフォームコンクールにおいて、
国土交通大臣賞(最優秀)を受賞しました。

Ms建築設計事務所 三澤文子

初めてのマンションリフォーム。住宅医スクールの小谷和也先生の講義を何回も聴講し臨みました。それでも何回か初歩的な質問をする私に、小谷和也先生は「三澤さん本当に僕の講義聴いていたの?!」と言って呆れていましたが。 お蔭で、防音の2重床や、断熱方法などしっかり実践できました。今回の受賞も、住宅医スクールのお蔭だと心より感謝しております。

さて、マンションリフォーム「中京・風の舎」は、この名前が意味するように、マンション住戸では得難い通風に注目して、風の道をつくることを意識した計画です。京町家にある土間、ぬれ縁など、内部と外部をつなぐ空間を、集合住宅の住戸に取り入れました。住戸の共用廊下側の住戸巾いっぱいの玄関土間と、どのマンションにもあるベランダを、より室内化してぬれ縁空間としています。

 

 

これが 住戸巾いっぱいの玄関土間です。写真左手真ん中くらいに、玄関扉があります。住戸巾一杯の玄関土間。写真真ん中に見える扉は、土間の両側にある玄関クロークになります。

 

 

またこれが、ぬれ縁です。
ぬれ縁の桧板が室内の床レベルと段差無くつながるため、上足で外に出ることが出来、室内空間が広がると同時に、外部とのつながりが感じられる気持ちの良い空間になります。

外と内とをつなげ、このような調整空間がつくられることで、限られた窓しかないマンションの住戸でも、3本の風の道をつくることができました。

 

 

玄関の鉄扉を開けると、土間と玄関ホールが迎えてくれます。
本棚に囲まれた玄関ホールはベンチも備わってちょっとした読書コーナーです。

 

 

鉄扉の内側には、障子があります。風を通しながらも、内が見えにくくなっています。

 

 

玄関土間が、住戸巾いっぱいあることは、この写真を見ればわかります。メインの通路、(ここを廊下とは呼ばずにあえて図書室と読んでいますが)の右左に、入口があり、奥につながっている気配が感じられると思います。

 

 

これは、玄関ホールから土間を見返しています。
正面の住戸玄関は鉄扉を開けて、障子を閉めているところ。雪見障子ならぬ「風通し障子」です。

 

 

更に奥のキッチン側から見返したところ。写真真ん中ほどにピアノも組み込まれています。ピアノの横には水廻りに入る障子風建具があります。

 

 

ランマが無い親子建具は単に目隠し用。これも上部に風が通る工夫で、目線もとおり広がりが感じられます。
また、繊細な杉の建具や、コットンのカーテンは肌に優しく感じます。

 

 

ぬれ縁(ベランダ)に面したキッチンとダイニング。床は厚さ30㎜の漆塗りの杉板です。濡れ縁の向こうに帆布の暖簾が見えます。この暖簾によって、正面のビルの窓を隠すことができました。

 

 

 

最後に、今回是非実現したかった差鴨居を使った内装システムです。
1984年(34年前)かつて現代計画研究所にて担当した「集合住宅の木造的内装システムの提案」 当時は実現できませんでしたが、今になって俄然このテーマに燃えています。引き続き、「集合住宅の木造的内装システムでの改修提案」を行なっていきたいと思っています。

 

投稿日:2018年08月07日

住宅医コラム 意見交換2018-83


住宅医リレーコラム 2018年8月号
リレーコラムでは毎月住宅医協会の理事等による月替りコラムです。
8月号はトヨダヤスシ建築設計事務所代表の豊田保之氏のコラムです。

「wallstat ver.4で石場建てのシミュレーションをしてみました」

 

既存住宅を調査すると石場建ての建物をよく見かけます。耐震診断を行うと、評点は低く倒壊の危険性が高いと判断されるケースも多々。
壁量が足らないのか?柱が悪いのか?梁が悪いのか?接合部なのか?石場建てが悪いのか?なんだかよくわからないことが多いので、納得するにはやはり自分の目でたしかめるしかありません。
そこで、2017年の住宅医スクール大阪で講義を頂いた中川貴文先生に、石場建てのシミュレーションについてご教授を頂いたので、早速実践してみました。シミュレーションを行う意図は、何がよくて、何が悪いという結論をだすためではなく、あくまで意匠設計者の「勘」をつかむことが目的です。

京都大学 生存圏研究所 生活圏構造機能分野 准教授中川貴文先生が開発されたwallstatのWEBSITEはこちら。
http://www.rish.kyoto-u.ac.jp/~nakagawa/

仕様は以下の通り。
グリッド3.64m角
柱150角
土壁
床と屋根 火打ち梁
梁105×300
端部は全てHD25KN仕様
地震波は、JMA神戸1倍です。

まず1つ目の動画は、石場建てではなく、足元を固定したモデルです。
左のモデルは、上記の仕様です。右のモデルは、同仕様ですが、土壁を取りやめました。
結果、左は倒壊しませんでした、右は結構ゆさぶられて倒壊しました。
足元を固定している場合は、耐力壁を設けないと壊れてしまいました。

2つ目です。
こちらは、1つ目と同じ仕様ですが、足元が滑るように設定しました。
結果、左は、壊れません。頑丈です。右のモデルは、先程足元を固定すると倒壊したのですが、
足元を滑るように設定すると壊れずにすみました。足元を固定しないことで倒壊を免れることもあるようです。

 

3つ目です。
左モデルは先程と同じ仕様です。右モデルは、壁と水平構面を取りやめました。よって、骨組だけです。
右モデルは、結構揺れて変形はしますが、なんとか倒壊せずにすんでいます。

4つ目です。
左モデルは変更なし。右モデルは、3つ目に仕様から更に変更し、柱を150角から120角にしてみました。
右モデルは、今にも倒れそうですが、なんとか耐えています。120角もなかなかいけます。

最後の5つ目です。
4つ目に仕様に加え、柱を90角に変更してみました。
地震波をあたえてみると、さすがに、柱脚がぽきっといきました。柱は90角が限界のようです。

 

既存住宅の柱は、蟻害や腐朽で断面がなくなっていることも多く、断面が減ってしまうと、
このシミュレーションのようにリスクがあるのでしょう。

 

 

5つほどシミュレーションをしてみましたが、この程度のモデルであれば、作業時間は10分×5つ=50分ほどです。
勘をつかむには、とにかく回数を重ねて実践することが重要ですね。

投稿日:2018年07月09日

住宅医コラム 意見交換2018-82


住宅医リレーコラム 2018年7月号
リレーコラムでは毎月住宅医協会の理事等による月替りコラムです。
7月号はタグチホーム株式会社の田口 元美氏のコラムです。

 

住宅医とホームインスペクション(状況調査)

本年4月より宅建業法が改正され、既存住宅の売買に際して、建築士
による状況調査の有無を説明する事が義務化された。
すでに住宅医の皆さんも既存住宅状況調査技術者の登録を行った方も
あるだろう。しかし義務化といっても状況調査というものがある事を
説明し、その実施の有無や、実施してあれば劣化の有無を明示する
必要がある。

しかし、住宅医が行う調査と違い調査範囲は狭く、また構造と雨漏り
に関する部分だけが調査範囲である。(給排水はオプション)
それ以外の部分に劣化や改修が必要となる様な部分があっても報告を
する義務もない。ただし虚偽の調査報告を行うと建築士として罰則を
受けることとなるので注意が必要だ。

ただ床下や屋根裏に潜らず調査を行い報告を行うことはリスクがある。
また、点検口がない場合でも「調査できなかった」で良い。
この状況調査の登録建築士は全国に2万人を越えるそうだが、実際に
住宅の劣化状況を調査して判断できる建築士はどれだけいるのだろう?

たかだか半日の講習と考査で生まれた状況調査技術者だか、住宅医と
比較して粗悪乱造ではないかと危惧している。

今後、彼らが既存住宅の診断について住宅医スクールで多くを学び、
さらにスキルアップして、既存住宅の売買でのトラブルが減少し、
さらに原状回復のみでなく、性能向上の改修工事にも取り組み、
住宅医として共に学び実践してもらえることに期待する。