投稿日:2017年10月04日

事例報告(改修事例)2017-73


改修事例報告
熊本県「龍田町の家」改修事例報告

■改修概要
設計者:堺武治建築事務所 堺武治
報告:堺武治建築事務所 堺武治
所在地:熊本県北区龍田町
主用途:一戸建ての専用住宅
築年数:昭和45年(築43年)
規模:木造2階建て
敷地面積:530.95㎡(160.61坪)
建築面積:100.95㎡(30.53坪)
延床面積:162.77㎡(49.23坪)
着工:2013年5月
竣工:2013年7月
(工事期間3ヶ月)
家族構成:世帯主(55才)、妻、祖父、娘2人(成人)計5名+ワンちゃん一匹
改修内容:耐震改修、断熱改修、間取り変更、内外装や設備機器の更新など全面改修

■ご相談~竣工までのスケジュール
2012年7月 熊本で大水害が発生。龍田陣内にあったご自宅は、1階が水没

河川改修の為、立ち退きする必要があり、物件を探されていた様子

2012年11月 出会い
2012年12月 中古住宅として売りに出されていた物件を調査。

高さ約5mの擁壁の上に建っている住宅で、抜群の眺望と自然を感じられる場所をとっても気に入られて購入を検討されていましたが、壊して新築するか、リフォームするか悩まれてて、購入前にご相談を受けました。この土地を調べてみると、条例(がけ条例)の制約により、壊して新築する事が難しい土地であることが判明しました。ただ、豊かな暮らしを送るという観点から見ると抜群の立地条件でした。物件を調査した結果、工事をすれば生まれ変わると判断し、全面的な改修を提案しました。

↓ 基本計画&概算見積 何度か計画案を練り直し、ご要望を形にしていきました。
2013年3月 設計契約

2013年4月 再調査&実施設計&見積
実施設計中に一部を解体して、床下や耐力壁、小屋裏の調査を行いました。

2013年5月 着工

2013年7月 完成 ご被害から1年後に完成

■改修前写真

■調査状況写真

画像11:床下は防湿コンクリート無し。布基礎。無断熱

画像12:天井裏は裸のグラスウール敷込み有。ただし、まばらな状態

画像13:壁は無断熱。柱、梁の状況確認。鉄骨の補強梁出現

画像14:実施設計設計中に耐力壁の確認

画像15:実施設計設計中に耐力壁の確認

■ご要望&提案テーマ
ご夫婦共に、毎日仕事で多忙な生活をされてらっしゃるので、家ではくつろげる生活をご希望でした。キーワードとして出てきたのが、眺望を生かす、山荘をイメージ、薪ストーブ、オープンエア、阿蘇を望む朝風呂、防犯、風格、明るく、ウッドデッキ、家族のロッカーetc
ご要望を受けて、私がテーマにしたのは「眺望を楽しみ、心癒せる家」です。
サブテーマとしては、
・眺望のよいリビングで、ゆっくりくつろげる家
・自然を感じられる家(太陽の動きや四季による自然の変化を感じられる家)
・室内と屋外が自然に続く家(ウッドデッキもリビングの一部として利用できる家)
・機能的な家(家事動線の短縮、室内物干可能etc)
・趣味が楽しめる家(ペット、薪ストーブ、家庭菜園、屋外調理etc)

■平面計画

画像16:改修前後の平面図
1階は玄関を広くする為に南側の柱を撤去し、半間南に壁を新設。新設壁は、基礎も新設して耐力壁としました。リビングの南側が塞がってて暗かったので壁を撤去し光を取入れ、阿蘇を望める位置にお風呂を配置(一部増築)。家事動線や祖父の部屋と水周りを近づけるなど暮らしやすくなるよう間取りの変更をしました。脱衣室には、リビングとつながる比較的大きな開口部(庭側窓)を設け、開けると庭の景色が見えるだけでなく、リビングの温熱環境と一体となるようにしています。除湿が出来るだけでなく、特に冬場は薪ストーブで温まった空気により、脱衣室に干した洗濯物が早く乾くよう配慮しています。
2階は、ほとんど間取りの変更はしてませんが、南側の和室2間続きを洋室に変更し、ウオークインクローゼットを設けています。和室側に向いていた収納は、北側の洋室側に向けて、各部屋に十分な収納スペースができるよう配慮しています。

■構造計画

画像17:改修前後の構造計画
設計開始前に一度調査を行い、床下や天井裏など目視確認をしました。しかしながら、耐力壁全てを確認できるはずも無く、一部は推測で耐震診断を行いました。そして未確認部分は、実施設計中に一部を解体して確認し、全て確認できた時点で再度耐震診断を行い、補強計画をしました。新設壁や増築部分には基礎を新たに作り耐力壁を設け、既存壁にも耐力壁の補強を行いました。

■施工状況

画像18:解体状況。柱、梁は健全。壁は無断熱。

画像19:解体状況。布基礎。地盤面は、土。

画像20:新設壁には、基礎を新設。耐力壁とする。

画像21:防湿コンクリート打設状況。

画像22:増築部の基礎

画像23:基礎断熱。押出法ポリスチレンフォーム保温板50㎜

画像24:壁断熱。グラスウール(16K)100㎜

画像25:屋根断熱。アイシネン吹付100㎜

画像26:既存壁 筋交い補強45×90。梁背の小さい箇所は、添え梁補強。

画像27:野地板が腐食している部分は、撤去後張替え。

画像28:アルミサッシは、全て取替え。

大きな開口部は、アルミ樹脂複合サッシ+LOWEガラス 熱貫流率2.14W/㎡K
その他の開口部は、アルミサッシ+LOWEガラス 熱貫流率3.49W/㎡K

■性能診断結果

全体的に性能向上は出来たと思っております。
特に耐震性、断熱性、省エネルギー性については、注意深く配慮したこともあり、費用対効果はかなりあったと思います。2016年4月に起こった熊本地震を受けても、ほとんど被害も無く、平穏な生活をされています。
外皮平均熱貫流率UA値 改修前 2.58W/㎡K → 改修後 0.88W/㎡K
省エネ地域区分6地域の基準はUA値0.87W/㎡Kですので、もう少しだけ配慮すればクリアしたのではないかというのが、反省点です。

■竣工写真 Before → after 
・南側外観

・西側外観
門扉やシャッターは全て撤去し、車が進入しやすいようスッキリとさせました。
化粧梁が見える木部はアプローチで、玄関ドア前の外でも内でもない中間領域です。

・東側外観
デッキや庇は造り替え、庭と出来るだけ触れあえる空間にしています。

 

・リビング
低かった天井を勾配天井にし間接照明とすることで、開放感のある明るいリビングになりました。

・リビング
南側の壁を撤去することで光を取入れ、見晴のよい空間にしています。

・寝室
和室2間続きだった部屋を洋室に変更し、一部をウオークインクローゼットにしています。左側の雪見障子は既存品を塗装しただけです。

・客間

 

■総括
水害のご被害に遭われて1年後に完成。長かった仮住まい後の家だったと思いますので、大変喜んでいただきました。築43年の中古住宅の改修としては、費用対効果も高く、全体的に性能向上に貢献できたと思っています。昨年の熊本地震直後にハラハラしながら確認に行った時、ほとんど被害もなく平穏に暮らされていて、安心した事を覚えています。また、出会いから設計&工事まで短工期だった事は大変苦労しましたが、建て主様をはじめ施工者や関係者のご協力により大きな問題も無く完成出来た事に、ほんと感謝しております。ありがとうございました。
今回の事例は、住宅医スクールを受講する前の事例ですので反省する部分もありますが、改修工事って新築とは違う楽しさがありますので、今後も積極的に関っていきたいと思っておりますし、熊本地震で被害を受けた建物を出来るだけ再生できるよう、スクールで学んだ事を今後の設計に生かしていければと思っています。
堺武治

投稿日:2017年09月08日

事例報告(改修事例)2017-72


改修事例報告
設計者: 株式会社 プレゼントデザイン 川端順也
施工: 株式会社岡田工務店 岡田栄治
報 告: 株式会社岡田工務店 岡田栄治
所在地: 広島県東区
地 域: 近隣商業地域 準防火地域
主用途: 歯科医院兼住宅
築年数: 築49年 昭和43年
規 模: 木造2 階建て
敷地面積: 109.22 ㎡ (33.10 坪)
建築面積: 88.18 ㎡ (26.72 坪)
延床面積: 156.81 ㎡ (47.52 坪) 住宅99.6 ㎡ ・病院55.55 ㎡
着  工: 2015 年8 月(病室工事期間26日)
竣  工: 2016 年2 月
( 工事期間6 ヶ月)
長期優良住宅化リフォーム推進事業採択
広島市東区牛田という閑静な住宅街、親子代々この地で歯科医院をされている先生から、
プレゼントデザイン設計依頼を受け、地元で長年工務店をしている岡田工務店施工という形で、このプロジェクトが始まりました。
この建物は本屋さんだった中古物件を購入し、先代先生が建物を少しづつ改装増築を繰り返しながら
店舗兼住宅にされていたため建物状況として予算面を含め建替えた方が良いのではないか?という考えも出ましたが、
「患者さんの治療を止めることができない少しでも休業しないで診療できるようにしてほしい」
川端さんと共に熱意を感じ先生にも協力していただき、診療期間第一優先という形で改修工事という形で決定しました。

 

  

現地調査状況

柱、梁の組み方など一通り見て柱が通っていないという柱が直下階にいないという状況
「嫌な予感がするなぁ~」と思いながら解体工事に入りました

 



第一期解体終了

建物の劣化と構造不良個所がたくさん出てきて「どこから手を付けようか?」正直、すごく迷いました。


1階改修計画

改修計画と1階既存部分の配置を考慮して、音の出る工事や振動の出る工事をなるべくお昼休みか、
休診時を選び工事を進めるプランにし、病院工事時間短縮を考え2階からの梁補強などを先行し
ゾーンを分け床組み等を優先しながら、柱の通り修正柱補強を行いました。



外周部壁解体


増築部分のつなぎ目や屋根からの漏水があり柱も傷んでいる場所が多く差替えや補強をする場所が多く、
通りを修正しながら、柱補強+金物補強をしながら2階補強計画もとに固めていきました。
  

 

そして、いよいよ屋根工事「2階は青空状態になりますが、気にせず診療してください」と先生に伝え始まりました。
工期短縮のため事前調査し、梁を補強しつつ既存の梁の上にプレカットした梁を載せていくという方法で
施工、屋根を解体前に出来る梁補強を行い屋根解体をしました。



台風が心配の中、屋根工事が無事完了
先生も診療室以外は青空が見えている状況に驚いておられましたが、一部病院の器具を移動する部屋を仕上げ
いよいよ解体から木工事完成まで11 日工事が始まります。

診療室廻りの解体


 

シュミットハンマーでコンクリート強度調査を行い、
基礎一部補強及び防水シート上土間コンクリートを打設いたしました。
床下高さが低いため湿気を考え、床下高さを確保するため根太工法を採用し、劣化箇所や補強箇所を確認、
改修しながら工事を進めていきました。「新築に負けない性能」を合言葉に気の合う大工10人、
職人連携協議し工事を進めていきました。


「永く街に愛される建築を残していきたい」コンクリートな街になじむプロポーションにということで、
外壁に木を使うという提案が採用されました。防火性能を持つウィルウォール、
一番難しい雨仕舞雨にあたる部分と樋の納まりを考え、
窓廻りの防水などを考えシンプルフォルムになるように納まりを決めました。




 

1階店舗部分塗装クロス工無事終わりホッとしました。
設計、工務店、職人の連携のもと工事ができたと思います。
設計者と工務店の距離連携が取れることでスムーズに進み、
お互いの信頼とコミュニケーションと話しやすい環境
が大切だと思います。




 

断面、温熱含め準耐火地域ということでプレゼントデザインの色々な計画を元に工事を進めていきました。
実測データーも光熱費が下がり計算通りでしたが、患者さんが増えたため動力が大幅に増えました。
先生は「忙しくなりすぎて休む暇がない」と笑顔でぼやいていますが、
患者さんが増えることで「より永く街に愛される建築」になりました。









 

彼の子供に自慢できる家

投稿日:2017年08月07日

事例報告(改修事例)2017-71


改修事例報告
愛知県「Y様邸」改修事例報告
設計者:新和建設:清水誠二
報告:清水誠二
所在地:愛知県稲沢市
主用途:一戸建ての住宅
築年数:築125年
規模:木造平屋建て
建築面積:188.19㎡(56.92坪)延床面積:188.19㎡(56.92坪)
着工:H27年4月
竣工:H27年11月(工事期間8ヶ月)

今回の改修報告はH26年12月に詳細調査を行った築125年の民家です。

左:改修前の外観           右: 改修前の内観

 

宮大工のご先祖様から、代々時を越えて受け継がれてきた築125年の歴史のある佇まい。
施主様のご結婚、これから始まる新しい家族との暮らしの為の全面リフォームです。

 

左: 改修前1階平面図          右:改修前小屋裏平面図

 

【改修計画】既設の差鴨居、踏天井、建具を最大限利用してお互いのプライバシーを守りつつ
仲良く暮らせるように、現代の二世帯の住まい方に対応する計画とした。

 

改修後1階平面図

 

改修後小屋裏平面図

 

 

解体中の様子

 

耐圧盤の配筋の様子

 

床下全体に耐圧盤コンクリートt=150を打設。防湿対策と傾き修正の為に施工。

屋根工事既存の桁・母屋・棟木・垂木などは残し、それ以外は撤去しました。
土葺き瓦から桟瓦葺きに変えています。垂木の上に構造用合板を張って屋根の水平構面を確保しています。

 


桁、垂木を取替えした部分の様子

建物東面の下屋は雨漏りが酷く劣化していたので、桁、垂木を取替えしました。

 

傾き修正の様子

傾き修正の様子北側に床から天井で30㎜傾いていました。
耐圧盤にフックを取付けチェーンとワイヤーで修正して、
傾きが元に戻らないように耐力壁とアンカーボルトで固定します。

 

 

耐震補強工事既存建物は開口部も多く、壁も少なく低い耐震性能でした。
既設の和室はなるだけ活かしながら、その他の部分で耐力壁をつくり耐震性を高めました。

 


南側外観

 

和室

 

既存の天井、建具、柱など再利用しています。

子世帯のリビング

土間であったスペースを吹抜けにし梁をあらわしました。
上部にガラス瓦を設けて採光をとりました。
既存のランマを階段の手すりに利用しました。

 


リビング

既存の差鴨居、踏天井、建具を再利用して新旧の融合をとりました。
上部にガラス瓦から採光がとれるように配慮しました。

古民家は築年数が古いほど魅力を感じます。
古美を最大限引出すことで、お客様の思い入れを大切にできると考えてます。
既存を活かせば活かすほど、性能を上げることと葛藤します。
詳細調査に取り組くむことで建物を熟知して、より良いご提案ができると思っております。