投稿日:2017年02月08日

調査事例紹介2017-62 兵庫県赤穂市


     赤穂市Y 現況調査・耐震診断

報告:日野弘一(WASH建築設計室)

物件概要

■所在地:兵庫県赤穂市上郡町
■調査日時:2017年1月24日(火)
■構造規模:木造2階建て
■延床面積:約36平米
■築年数:不明

兵庫県の赤穂市上郡町で現況調査と耐震診断を行いました。

建物の改修をするか、新築をするか、その判断材料として建物の調査を行いました。
改修をするという前提がないため、料金を抑えるために建物の現況調査と耐震診断に絞って報告書を作成します。既存ドックのように、劣化対策・耐震性能・温熱省エネルギー性能・維持管理・バリアフリー・火災時の安全性の6項目で評価をしていません。

調査は4名と、地盤調査業者2名にて行いました。いつもの調査に比べるとコンパクトな編成です。
建物は古いですが和室のしつらえや縁側の雰囲気など、上品な佇まいです。

現況調査:建物の外部は経年に伴う劣化が見られました。無筋の基礎のクラックなど、構造的に気をつけるべき劣化が幾つかありましたが、主要構造体の蟻害・腐朽などの大規模な劣化は確認されませんでした。

耐震診断:精密診断法を行いますので、床下と小屋裏も全て調査します。床下は玉石基礎で転用材が見受けられます。小屋裏には立派な大きな梁が幾重にも架けられています。また、床下・小屋裏から壁の構成も確認しています。

地盤調査:建物の外周に加え、建物中心部分の調査もしていただくようにしています。床下侵入口から機械を入れて作業をしていただきました。

 

今回、報告書は作成しませんが、劣化対策・温熱計算・バリアフリー・火災時の安全性の評価ができる情報は平面図と合わせてチェックしています。少ない人数で、コンパクトに調査を終えることができました。

 

WASH建築設計室 日野