投稿日:2016年02月23日

住宅医スクール2015 大阪 第8回のご報告


2月20日(土)、住宅医スクール2015大阪・第8回が開催されました。

「既存住宅の改修方法①」「既存住宅の改修方法②」「既存住宅の改修方法③」という3つの講義が行われました。その後、検定会も開催されました。

 

第1講義「既存住宅の改修方法①」事例に見る基礎の改修方法
三澤文子氏/Ms建築設計事務所・MSD主宰
河本和義氏/TEDOK主宰

IMG_7623
住宅改修の基礎部分の改修方法について、いろいろなパターンの実例を元に構造的な知識や見解を説明していただきました。事例ごとに良かって点はもちろん、改善点や注意点も細かくお話頂け、とても現実的な内容となりました。また工事費用の分析は普通あまり聞くことができない貴重な内容だと思います。

 

第2講義
「既存住宅の改修方法②」事例に見る軸組・壁・床・屋根の改修方法
三澤文子氏/Ms建築設計事務所・MSD主宰
河本和義氏/TEDOK主宰

IMG_7629
第2講義も、三澤氏と河本氏の講義です。住宅改修の軸組・壁・床・屋根の部分について、実物件の事例を元に基礎知識や耐震改修の要点を詳細に説明していただきました。
不具合箇所に対する具体的な対策の事例はもちろん、その理由を説明してもらうことで応用をきかせることができる内容でした。

 

第3講義
「既存住宅の改修方法③」事例に見る温熱・省エネ改修方法
辻充孝氏/岐阜県立森林文化アカデミー准教授

IMG_7635
まずは住宅の温熱環境との人体の健康への影響、また省エネルギー対策に関する点から温熱改修の目的や意義を説明していただきました。
そして、自邸で行っている省エネルギーのための改修の試みを一つずつ説明していただきました。改修の段階を追ったエネルギー消費量の変遷を説明いただくことで、具体的に工事の効果を感じることができました。

 

第4講義
検定会
北聖志氏/THNK一級建築士事務所
角和樹氏/株式会社ヤマヒロ
平賀基香氏/MSD

IMG_0323
IMG_0328
IMG_0336
第4講義では、住宅医検定会が開催されました。
検定会は実務で取組まれた改修事例を発表する場で、合格することで「住宅医」として認定されることができます。今回は修了生3名が発表し、三者三様の改修事例を聞くことができました。合否については、他会場で開催される検定結果も合わせて協議されることになります。

◇住宅医修了式

IMG_0351IMG_0364
検定会後には修了式が行われ、住宅医スクールを修了した方々に住宅医修了証が授与されました。その後懇親会も開催されました。

今回で2015年度の住宅医スクール大阪は全ての講座を終了しました。受講生の皆さんお疲れ様でした。2016年度も、大阪スクールの開催が決まっています。カリキュラムが確定し次第、改めて告知させて頂きますので、初めての方もOBの方も、多くの方々にお集まり頂けたら幸いです。

(関西事務局 日野)

 

投稿日:2016年02月07日

住宅医スクール2015東京 第8回のご報告


2016年2月4日(木)、住宅医スクール東京2015・第8回が開催されました。
今回は、既存住宅の改修方法をテーマに「事例に見る基礎の改修方法」
「事例に見る軸組・壁・床・屋根の改修方法」「事例に見る温熱・省エネ改修方法」
という3つの講義が行われました。第4講義では4名の発表者による住宅医検定会が
行われ、全体で59名が受講されました。

 
第1講義「既存住宅の改修方法① 事例に見る基礎の改修方法」
第2講義「既存住宅の改修方法② 事例に見る軸組・壁・床・屋根の改修方法」
三澤文子氏/MSD主宰
河本和義氏/一級建築士事務所TE-DOK主宰

三澤さん河本さん

第1講義は、三澤文子氏と河本和義氏により、
既存住宅の基礎の改修方法について、基礎の改修設計に必要な構造的な知識や、
実際に基礎の補強工事を行った改修事例について、詳細に解説していただきました。
様々なケースで行われた基礎改修について、実際に施工した補強法が適切だったか否か、
さらに良くするにはどうしたらよかったか、基礎補強工事にいくら費用がかかったかなど、
すぐに役立つ知識を得られる実践的な講義となりました。

 

第2講義も、引き続き三澤氏と河本氏により、既存住宅の構造体である
軸組・壁・床・屋根について、木構造の基礎知識の説明や耐震改修のポイント、
実際に構造体の補強工事を行った改修事例について、詳細に解説していただきました。
各部に見られる不具合箇所の報告や補修の際の注意点、どのように補強したらよいか
判断に迷うような構造体についての解説や対処法など、
数多くの実例について分析していただきながら分かり易くお話しいただきました。

 
第3講義「既存住宅の改修方法③ 事例に見る温熱・省エネ改修方法」
辻充孝氏/岐阜県立森林文化アカデミー准教授

辻先生

第3講義は、辻充孝氏より、2020年に住宅でも義務化される省エネ基準の解説、
人の健康と住宅の温熱性能の関係性、住宅の温熱環境に関する各種データ解説、
日射遮蔽・日射取得・気密性の効果など、温熱設計の基礎知識を詳細に解りやすく
解説していただきました。
また、実験的に様々な試みをし観察しながら住まわれている辻氏自邸の改修例など、
改修前後でのQ値の変化や改修ポイントなど詳細に解説していただきました。
また、温熱改修設計時に現況を分析しどのようにしたら節電効果が得られるかなど、
必要な数値の算出と活用の仕方などについても解説していただきました。

 

第4講義 住宅医検定会
検定発表者
山岡良匡さん/山岡建築研究所
宮崎直也さん/宮崎建築
滝川良子さん/スピカ建築工房
勝見紀子さん/アトリエ ヌック

 

第4講義では、住宅医検定会が開催されました。
検定会は住宅医スクールを修了された方々が、実務で取組まれた改修事例を発表する場で、
合格すると「住宅医」として認定されます。
今回は修了生4名が発表されましたが、いずれも発表者が住宅医スクールで学んだ知識が
存分に生かされた好例であり、住宅医の意義やニーズを再確認することができました。
発表者の皆様お疲れ様でした。
合否については、他会場で開催される検定結果も合わせて協議されることになります。

◇住宅医修了式

修了1修了2

検定会後には修了式が行われ、2015年度住宅医修了生28名に住宅医修了証が授与されました。

 

以上で第8回の3つの講義と住宅医検定会および2015年度住宅医スクール修了式は終了し、

その後懇親会も開催されました。

 

今回で2015年度の住宅医スクール東京は全ての講座を終了しました。
2016年度は、6月からのスタートを予定しています。
カリキュラムが確定し次第、改めて告知させて頂きますので、
初めての方もOBの方も、多くの方々にお集まり頂けたら幸いです。

(関東事務局 小柳)

投稿日:2016年02月04日

住宅医スクール2015 浜松 第7回のご報告


住宅医スクール2015(第7回・浜松)

去る1月28日(木)、住宅医スクール2015浜松・第7回が開催されました。
今回は契約・施策・マンションをテーマに「契約実務の留意点」「木造住宅関連施策の動向とその対応」「マンションリフォーム」「ストックビジネスの今後」という4つの講義が行われ、40名近くの受講者が受講されました。

三澤先生のインフォメーション・イントロの後、講義が開始されました。

image1
image2

第1講義 「契約実務の留意点」 ~瑕疵及び依頼者とのトラブルを回避する方法~
田中 健司 氏/㈱田中工務店 代表取締役

image3

第1講義では、契約実務の留意点についての講義をして頂きました。補助金、助成金についての取り決めは、聞きたいポイントだったので、合意書事例もあり大変参考になりました。
ソーシャルメディアポリシーについては、今まで考えた事もなく今後準備する必要性を感じました。

第2講義 「木造住宅関連施策の動向とその対応」~木造住宅関連施策最新情報と対応実践事例~
池田 浩和 氏/岡庭建設㈱ 専務取締役

image4

第2講義では、木造住宅関連施策の動向や対応実践事例についての講義をして頂きました。
事業、制度については、最新の情報をどこでチェックしたらよいかわからず不安な部分でした。内容が多くついていくのが大変でしたがテキストがしっかりできていて助かりました。

第3講義 「マンションリフォーム」 ~マンションリフォームの基礎と実践~
小谷 和也 氏/㈱マスタープラン一級建築士事務所 代表取締役

image5

第3講義では、マンションリフォーム全般についての講義をして頂きました。
マンションならではの問題と、工法、素材研究のご苦労がよくわかりました。インテリアデザインとは違う、マンションリフォームについて、ユーザーの理解が進む事を期待します。

第4講義 「ストックビジネスの今後」 ~資産価値が上がる改修・メンテナンス~
印南 和行 氏/㈱南勝 代表取締役

image6

第4講義では、住宅における資産価値が上がる改修やメンテナンス等の今後のストックビジネスについての講義をして頂きました。
マーケットと改修ビジネスの一方で、成熟社会にふさわしい日本の住宅地の景観についても考える必要があると思いました。

image7

懇親会では、講義で聞けなかった事柄についても、講師よりお話を聞くことができ、終始有意義な時間を過ごすことが出来ました。(浜松受講生・篠田)