投稿日:2015年10月30日

事例報告(改修事例) 2015-50


自適荘 住宅医によるストック活用社会への取組み

報告 泉保真史/新産住拓株式会社

 

物件概要

所在地 熊本県宇城市三角町

建築年 昭和12年6月上棟(改修時築78年)

床面積 95.40㎡(28.86坪)

改修部 76.17㎡(23.04坪)

増築部 19.23㎡(5.82坪)

敷地面積 1128.19㎡(341.28坪)

用途 別荘として使用

 

主な外部仕様

屋根 天然スレート、粘土瓦

外壁 土壁漆喰

開口部 木製建具

玄関 アルミサッシ(シングルガラス)

設備 汲み取り式便所

井戸水

プロパンガス

立地 三角半島海岸線沿い

南側は急斜面の山、北側は県道を挟み島原湾

近くに本年度世界遺産登録を受けた三角西港

設計 MSD

施工 新産住拓株式会社

 

2014年3月:Ms/MSD三澤文子先生よりご連絡があり、

熊本県三角町の築79年の古民家の調査依頼をいただく。

3月18日 大阪より6名、熊本より3名により計9名にて現況調査をおこなう。

[調査内容]

調査により床下状況は石場建て。一部布基礎。大引きに蟻害箇所あり。

屋根及び軒下、天井は雨漏れによる一部腐敗あり。

壁は木舞描き桟竹壁 漆喰仕上げ

地盤:地盤調査(スェーデン式サウンディング調査)より健全な地盤と判明

マップ

柳原邸調査 127  柳原邸調査 156  柳原邸調査 178

当初、新築での建て替えか、改修かのプラン打ち合わせが行なわれ、結論として、施主お母様の想い入れの在る建物を残したいとの意向で、改修工事となる。

棟別れのキッチン、八畳間和室を解体撤去し減築。

新たな水廻り、キッチン、UB,トイレを増築。

基礎を新設し屋根をガルバリュウム鋼板にて葺き替え。

Ms屋根 038  Ms屋根 045

 

10月24日 何度かのプラン変更、施工費のすり合わせが行われ、契約となる。

11月20日 いよいよ工事着手。再利用の既存建具に番号をつけストックヤードに収納。

IMG_7314

 

11月26日 熊本の加藤神社様により、清め払いの儀。

IMG_0011

 

11月27日 解体着手。

IMG_7327

南西角柱、腐敗により仕口が完全に朽ちていることが判明。

自適柱腐敗  IMG_0066

 

12月5日 遣り方。

IMG_7570  IMG_7571

 

12月9日 配金工事。

IMG_7640

石場建ての建物だが、一部布基礎箇所があり、天場をGL設定とし床下空間を

510mm確保。

IMG_7650

 

12月22日 土間生コン打設 基礎断熱

IMG_9764

 

12月23日 木工事 新設土台を入れる。

自適基礎コウセイ

レベルを出しサポートで支持しながら柱カット。

鋼製束で支持しレベル調整を行い土台下に配筋行なう。

廻り縁の角柱は、2箇所とも元口が腐敗している為、上部300でカット

追っかけ継ぎにて、柱補強取り替えを行う。

IMG_8150

 

11月5日 新年明け、屋根の解体着手。

下屋部は天然スレート、大屋根部は陶器瓦。

下屋は既存化粧垂木、化粧天井板をそのまま残し、既存野地板を下地として通気工法としネオマフォーム50mm+45mm施工。

IMG_8733   自適屋根1

 

1月20日 大屋根は垂木から撤去し、入替え。通気工法として施工。

天井断熱は、防湿フィルム、PFB200mm施工。

自適屋根2  自適屋根3  自適屋根通気

 

2月6日 屋根の下地工事完成。

IMG_8947  IMG_8786  IMG_8987

土壁と和室天井を既存としたため、雨で濡れることが無いよう工程の組み方には十分に細心の注意をはらう。

 

2月17日 板金施工 ガルバリュウム鋼板0.35竪ハゼ葺き

IMG_9534  IMG_9749

 

3月2日 内装工事がいよいよ本格化

IMG_9089

 

3月16日 外壁モルタル工事

IMG_9752  IMG_9291

 

3月23日 建具をストックヤードから出し洗浄。戸車交換・調整を行う。

IMG_9699  IMG_0177

 

3月25日 内部漆喰工事

IMG_9898

 

3月26日 外壁塗装工事

IMG_9905

3月29日 柿渋紙施工

MSD支給により、リビング天井を柿渋紙としましたが・・

ここで失敗報告、プラスターボードの下地パテに化学反応をおこし、パテ跡が変色。乾燥期間が少ないためか、材料によるものか今後検証する。

IMG_2080  IMG_2079  IMG_9897

3月30日 屋根完成

IMG_9094  IMG_0327

MSDの象徴 舟形の棟包。大工さんと試行錯誤しながら取り付け。

 

3月31日 トイレ床はトラバーチン施工。

IMG_9768  IMG_9769  IMG_9931

突き付けると切り口が均等でない為、目地をつけて施工。

玄関はジェットバーナー仕上げの黒御影。石目を互い違いに施工。

 

4月 仕上げ工程。

造作建具、内部漆喰仕上げ、照明造作など。

床の地板に使用されていた欅板は加工後、カウンターテーブルに再利用。

IMG_9306 Misumi_0028-Sample

Misumi_0081-Sample Misumi_0013-Sample

IMG_0218 IMG_0247

Misumi_0072-Sample Misumi_0023-Sample

Misumi_0065-Sample Misumi_0038-Sample

Misumi_0089-Sample

 

4月19日 お引渡し式

IMG_0386  IMG_0424

 

 

自適荘改修工事は、住宅医スクールを受講するきっかけとなり、講義で学んだ事をそのまますぐ実践、検証が行うことができ大変充実した現場となりました。

施主様及び設計事務所が大阪であり、遠く離れた現場であることから、Facebookを利用し、

工事に携わるすべてのパートナー様と共有しタイムリーな質疑応答、現場報告を可能としました。

自適荘改修工事 改修前後 性能比較/矩計図(画像をクリックすると拡大表示されます)

チャート 矩計図

 

■GOOD DESIGN AWARD 2015受賞

自適荘 住宅医によるストック活用型社会への取組み

A1パネル

私たちは、今回新しく設けられた「フォーカス・イシュー」をストック活用型社会への取組みと考え、「プラス デザイン」として「住宅医」による改修を提案しました。

総務省の統計によると、平成25年の総住宅数(ストック住宅)は6000万戸を超え、年々その数は増加しています。

「空間資源」と言えるストック住宅を有効活用する手段(solution)として住宅改修が考えられます。しかし、日本では改修に関して学ぶ機関は少なく、その改修方法は設計者や施工者の経験値にゆだねられていました。その現状を変える為、住宅医は生まれました。

住宅医の活動が普及し、建物の再生だけではなく、家族の絆・文化や技術の伝承・地域コミュ二ティの再生にもつながっていく事。

それこそがストック活用型社会への移行が求められる理由であり、我々が取り組むべき課題(issue)であると考え応募致しました。

6月10日~7月1日 一次審査期間 (書類審査)

7月10日~9月9日 二次審査期間 (現品審査)

8月2日 東京ビッグサイトにおいて2時選考

9月29日 受賞発表

11月4日 授賞式

 

[審査員の評価]

既存の木造住宅を築年数に関係なく劣化部分等を適正に評価し、現在求められる水準に直すための体系「木造建築病理学」に基づいたリノベーションの例として、その方法の汎用性も含めて意味のある実施例である

投稿日:2015年10月07日

事例紹介2015-53 東京都東久留米市


東久留米市E邸 詳細調査

報告:太田陽貴 /ヒダマリデザイン設計室

物件概要

■所在地:東京都東久留米市

■調査日時:2015年9月29日(火)

■構造規模:木造2階建て

■延床面積:約96㎡(約29坪)

■築年数:築約40~45年(詳細不明)

閑静な住宅街にある2階建ての住宅。依頼主のEさんご夫婦は、現在70才代。約25年前に築20年程の住宅を購入し、お子さん2人と合わせて4人で暮らしていました。購入時には既に1度増築しているとのことでしたが、4人で住むに当たり部屋数を増やすために1、2階共に増築をし、その後一度も改修をしていませんでした。お子さん2人とも独立され、ご夫婦2人で快適に過ごしたいという事で全面的なリフォームを前提にご相談を受け、改修計画をたてるに当たり、詳細調査の運びとなりました。当日は、住宅医・インスペクター4名、住宅医スクール生4名、当事務所1名、合計9名で調査を致しました。

jirei_50-01 jirei_50-02

調査の模様

調査員全員揃ったところでEさんにご挨拶し、調査時間等のご案内をして全体ミーティングを行いました。①採寸・仕上 ②劣化(屋外)・設備(設備機器、設備図) ③劣化(室内)・設備(配管設備)・バリアフリー・火災時の安全性 ④床下 ⑤小屋裏・2階床下の5班に分かれての調査となりました。

事前調査の段階で、工務店さんに増築部分の1階の床と2階の天井に開口を開けて頂いていたので、当日はスムーズに調査をすることが出来ました。ご主人は調査中ご在宅でしたが、庭掃除などをされながら調査を見守っていてくださいました。

②、③の劣化・設備チームはすぐに調査にかかってもらい、④床下と⑤小屋裏・2階床下チームには、主担当、サポート住宅医と一緒に進入口の確認後、調査開始となりました。2階床下を見る手段のみ調査当日の確認でしたが、1階の収納の天井から見ることができ、荷物の移動のご協力のみで無事進めることが出来ました。

床下・小屋裏チームと進入口の確認

jirei_50-03 jirei_50-04

採寸・仕上調査

jirei_50-05 jirei_50-06

事前に間取りの把握、天井高さまでは計っており、平面図と立面図に図面化するところまでは当日までに準備できましたが、矩計や細かな枠周り、調べきれていなかったことを確認することが出来ました。仕上も、仕上げ材の種類、厚み等可能な限り確認をしました。

(左)劣化調査(屋外) (右)劣化調査(室内)

jirei_50-07 jirei_50-08

劣化調査(屋外)では、建物の外部の劣化について調べました。外壁のクラック、樋、破風、鼻隠し、軒裏の劣化等が見られました。劣化調査(室内)では、建物内部の劣化について調べました。写真は柱の傾きを調べているところです。また、東側の窓に漏水跡が見られましたが、Eさんからも一度雨漏りが有ったという話と合致します。リビングの床に一部沈む場所がありましたが、床下調査の内容、改築工事の経緯と合致することが後に分かりました。

床下調査

jirei_50-09 jirei_50-10

増築部分の和室以外は、キッチンの床下収納庫から進入して調査をしました。劣化(内部)にてリビングの床の沈みの指摘は、床下からの確認で、2重床部分に原因があることが分かりました。建物購入時に和室を洋室に改装していた経緯で2重床になっていたことも分かりました。また、配管経路についても確認しました。地盤面が土なので、湿度は高く、木材の含水率も高いことが分かりました。

(左)小屋裏調査 (右)2階床下調査

jirei_50-11 jirei_50-12

天袋の床と、脚立等を利用して小屋裏と2階床下の調査を行いました。小屋裏は屋根勾配が低いので中に入っての調査が出来ませんでしたが、3ヶ所の進入口から概ね確認することが出来ました。2階の増築部分は、既存の屋根の上に二重で屋根をかけている様子が分かりました。2階床下は、梁で一部見えない部分と増築した部分を除き、部材について確認することが出来ました。断熱材、筋違、壁の構成など内部から見えない部分について確認し、含水率を計測しました。

お昼休み

リビングをお借りしてお弁当を頂いた後、午前中の内容について打合せをしました。進捗状況に合わせて午後の作業の分担をしました。主担当から、増改築の経緯の説明をし、各チームから増改築が原因と思われる内容の確認を行いました。

jirei_50-13 jirei_50-14

バリアフリー調査・火災時の安全性

床、階段、浴室や玄関の段差、開口部、廊下の幅などを調べます。もともと和室を洋室にしたため、各部屋に段差があります。火災時の安全性については、火源の内装、火災報知器や消火器の有無等の項目に沿って確認します。

jirei_50-15 jirei_50-16

設備調査(設備図)・設備調査(配管)

電気、給排水設備の位置の確認をし、図面にプロットしました。配管については、通水検査にて赤水の有無、漏水を確認し、排水についても水の流れを確認しました。

jirei_50-17 jirei_50-18

野帳まとめと引き継ぎ

jirei_50-19 jirei_50-20

調査した内容を各チームごとにまとめて、主担当へ引き継ぎし、調査終了となりました。

集合写真

jirei_50-21

お客様には、約1か月半後に調査報告を行う予定をしています。良い提案が出来るようにまとめていきたいと思います。調査員の皆さん、手際よく調査を進めてくださりありがとうございました。
ヒダマリデザイン設計室 太田陽貴

投稿日:2015年10月07日

事例紹介2015-52 埼玉県川口市


埼玉県川口市N邸

報告:サンカクスケールLLP  滝川良子/スピカ建築工房

物件概要
・ 所在地:埼玉県川口市
・ 調査日時:2015年9月18日8:00〜18:30
・ 構造規模:木造(伝統構法)平屋建
・ 述床面積:約61坪
・ 築175年

台風が心配されましたが、曇り時々小雨の中で調査が行われました。

調査建物は江戸末期に建築された商家で、トイレ部分は昭和初期に増築されており、別棟の釜場利用だった台所から母屋内への台所と時代の流れに沿って手を加えられてきています。昭和50年代までは居住されていましたが、その後同敷地内に別棟を建て、そちらにお住まいでした。

過去に母屋の取り壊しを何度か検討されてきたそうですが、別棟が改修時期となり、改めてこの古く歴史ある建物に手を入れ、ご家族三世代で住まわれ、尚かつ地域に開放して活用されたいとのご希望から、改修のご依頼を受け、改修案提出前に住宅医の調査を受けていただきました。
syousaichousa2015-52-01
敷地内には母屋の他に蔵などもありますが、今回は母屋と釜場の調査を行いました。調査前にミーティングを行い、施主のNさんのお嬢様2名が参加くださり、ご挨挨をいただき調査指導員8名、実習生6名、工務店1名の計15名で調査を開始しました。

syousaichousa2015-52-02 syousaichousa2015-52-03

syousaichousa2015-52-04

調査道具一式。今回、小屋裏用に工務店から脚立を何本かお借りしていますが、住宅医の充実した機器に工務店担当者が驚いていました。

syousaichousa2015-52-05

調査は①採寸②劣化(屋外)③劣化(室内)④床下⑥小屋裏の項目を7班に分かれて行いました。調査開始に伴い事前に進入口を決定します。

今回は伝統木造のため、床下・小屋裏の各懐は深く、近代のものに比べて侵入はしやすいですが、狭い空間での調査作業は困難をきわめます。

床下班調査風景

syousaichousa2015-52-06 syousaichousa2015-52-07

年代が古いため製材されていない状態での土台、大引使用が多く、虫食いの材が多く見られました。これは丸太を皮付きで使用するために、皮付近に生息していた昆虫による虫害ではないかと推測されます。また各部材の劣化状況・含水率なども測定し、報告書に反映させます。

小屋裏内部

syousaichousa2015-52-08 syousaichousa2015-52-09

現況は茅葺きの上にコロニアル葺きとなっています。茅葺きは、重量があり地震力としては不利に働き改修計画の重要な要素になる為構造材と共に調査を行います。

トイレの使用が出来なかったため、昼休憩は近所のファミリーレストランを利用しました。昼食後に午前中の各班進捗状況の報告を行い、午後の調査を始めました。

内部劣化調査

syousaichousa2015-52-10 syousaichousa2015-52-11

内部の劣化、傾き等を調査していきます。また聞き取り調査時に、下記写真の大きなクラックは関東大震災の時に出来たと伺いました。

syousaichousa2015-52-12

外部劣化調査

syousaichousa2015-52-13 syousaichousa2015-52-14

今回は茅葺きの上に人工化粧スレート屋根を葺いている事もあり、外部劣化調査班にも関わらず詳細確認のため外部から小屋裏内まで入り調査をして頂きました。

調査後、各班野帳をまとめる様子で、調査が終了した者から、順次野帳をまとめて行きます。

syousaichousa2015-52-15 syousaichousa2015-52-16

syousaichousa2015-52-17

施主のOさんとお子さんを交えての集合写真です。「この方達は住まいのお医者さんなんだって」と住宅医のメンバーをお子さんに説明くださっていたのが印象的でした。

今回の物件は大きく調査時間も長引いてしまい、十分な申し送りが出来ませんでした。現在、不明点はメールにてやりとりさせてもらいながら報告書をまとめています。今回の調査に多勢の方々にご協力いただき大変感謝しております。お客様も報告書を楽しみにしてくださっていますので、報告書・改修計画案と共に喜んでいただけるよう頑張りたいと思います。

サンカクスケールLLP

木村慶(木村慶一級建築士事務所)

滝川良子(スピカ建築工房)