投稿日:2015年10月30日

事例報告(改修事例) 2015-50


自適荘 住宅医によるストック活用社会への取組み

報告 泉保真史/新産住拓株式会社

 

物件概要

所在地 熊本県宇城市三角町

建築年 昭和12年6月上棟(改修時築78年)

床面積 95.40㎡(28.86坪)

改修部 76.17㎡(23.04坪)

増築部 19.23㎡(5.82坪)

敷地面積 1128.19㎡(341.28坪)

用途 別荘として使用

 

主な外部仕様

屋根 天然スレート、粘土瓦

外壁 土壁漆喰

開口部 木製建具

玄関 アルミサッシ(シングルガラス)

設備 汲み取り式便所

井戸水

プロパンガス

立地 三角半島海岸線沿い

南側は急斜面の山、北側は県道を挟み島原湾

近くに本年度世界遺産登録を受けた三角西港

設計 MSD

施工 新産住拓株式会社

 

2014年3月:Ms/MSD三澤文子先生よりご連絡があり、

熊本県三角町の築79年の古民家の調査依頼をいただく。

3月18日 大阪より6名、熊本より3名により計9名にて現況調査をおこなう。

[調査内容]

調査により床下状況は石場建て。一部布基礎。大引きに蟻害箇所あり。

屋根及び軒下、天井は雨漏れによる一部腐敗あり。

壁は木舞描き桟竹壁 漆喰仕上げ

地盤:地盤調査(スェーデン式サウンディング調査)より健全な地盤と判明

マップ

柳原邸調査 127  柳原邸調査 156  柳原邸調査 178

当初、新築での建て替えか、改修かのプラン打ち合わせが行なわれ、結論として、施主お母様の想い入れの在る建物を残したいとの意向で、改修工事となる。

棟別れのキッチン、八畳間和室を解体撤去し減築。

新たな水廻り、キッチン、UB,トイレを増築。

基礎を新設し屋根をガルバリュウム鋼板にて葺き替え。

Ms屋根 038  Ms屋根 045

 

10月24日 何度かのプラン変更、施工費のすり合わせが行われ、契約となる。

11月20日 いよいよ工事着手。再利用の既存建具に番号をつけストックヤードに収納。

IMG_7314

 

11月26日 熊本の加藤神社様により、清め払いの儀。

IMG_0011

 

11月27日 解体着手。

IMG_7327

南西角柱、腐敗により仕口が完全に朽ちていることが判明。

自適柱腐敗  IMG_0066

 

12月5日 遣り方。

IMG_7570  IMG_7571

 

12月9日 配金工事。

IMG_7640

石場建ての建物だが、一部布基礎箇所があり、天場をGL設定とし床下空間を

510mm確保。

IMG_7650

 

12月22日 土間生コン打設 基礎断熱

IMG_9764

 

12月23日 木工事 新設土台を入れる。

自適基礎コウセイ

レベルを出しサポートで支持しながら柱カット。

鋼製束で支持しレベル調整を行い土台下に配筋行なう。

廻り縁の角柱は、2箇所とも元口が腐敗している為、上部300でカット

追っかけ継ぎにて、柱補強取り替えを行う。

IMG_8150

 

11月5日 新年明け、屋根の解体着手。

下屋部は天然スレート、大屋根部は陶器瓦。

下屋は既存化粧垂木、化粧天井板をそのまま残し、既存野地板を下地として通気工法としネオマフォーム50mm+45mm施工。

IMG_8733   自適屋根1

 

1月20日 大屋根は垂木から撤去し、入替え。通気工法として施工。

天井断熱は、防湿フィルム、PFB200mm施工。

自適屋根2  自適屋根3  自適屋根通気

 

2月6日 屋根の下地工事完成。

IMG_8947  IMG_8786  IMG_8987

土壁と和室天井を既存としたため、雨で濡れることが無いよう工程の組み方には十分に細心の注意をはらう。

 

2月17日 板金施工 ガルバリュウム鋼板0.35竪ハゼ葺き

IMG_9534  IMG_9749

 

3月2日 内装工事がいよいよ本格化

IMG_9089

 

3月16日 外壁モルタル工事

IMG_9752  IMG_9291

 

3月23日 建具をストックヤードから出し洗浄。戸車交換・調整を行う。

IMG_9699  IMG_0177

 

3月25日 内部漆喰工事

IMG_9898

 

3月26日 外壁塗装工事

IMG_9905

3月29日 柿渋紙施工

MSD支給により、リビング天井を柿渋紙としましたが・・

ここで失敗報告、プラスターボードの下地パテに化学反応をおこし、パテ跡が変色。乾燥期間が少ないためか、材料によるものか今後検証する。

IMG_2080  IMG_2079  IMG_9897

3月30日 屋根完成

IMG_9094  IMG_0327

MSDの象徴 舟形の棟包。大工さんと試行錯誤しながら取り付け。

 

3月31日 トイレ床はトラバーチン施工。

IMG_9768  IMG_9769  IMG_9931

突き付けると切り口が均等でない為、目地をつけて施工。

玄関はジェットバーナー仕上げの黒御影。石目を互い違いに施工。

 

4月 仕上げ工程。

造作建具、内部漆喰仕上げ、照明造作など。

床の地板に使用されていた欅板は加工後、カウンターテーブルに再利用。

IMG_9306 Misumi_0028-Sample

Misumi_0081-Sample Misumi_0013-Sample

IMG_0218 IMG_0247

Misumi_0072-Sample Misumi_0023-Sample

Misumi_0065-Sample Misumi_0038-Sample

Misumi_0089-Sample

 

4月19日 お引渡し式

IMG_0386  IMG_0424

 

 

自適荘改修工事は、住宅医スクールを受講するきっかけとなり、講義で学んだ事をそのまますぐ実践、検証が行うことができ大変充実した現場となりました。

施主様及び設計事務所が大阪であり、遠く離れた現場であることから、Facebookを利用し、

工事に携わるすべてのパートナー様と共有しタイムリーな質疑応答、現場報告を可能としました。

自適荘改修工事 改修前後 性能比較/矩計図(画像をクリックすると拡大表示されます)

チャート 矩計図

 

■GOOD DESIGN AWARD 2015受賞

自適荘 住宅医によるストック活用型社会への取組み

A1パネル

私たちは、今回新しく設けられた「フォーカス・イシュー」をストック活用型社会への取組みと考え、「プラス デザイン」として「住宅医」による改修を提案しました。

総務省の統計によると、平成25年の総住宅数(ストック住宅)は6000万戸を超え、年々その数は増加しています。

「空間資源」と言えるストック住宅を有効活用する手段(solution)として住宅改修が考えられます。しかし、日本では改修に関して学ぶ機関は少なく、その改修方法は設計者や施工者の経験値にゆだねられていました。その現状を変える為、住宅医は生まれました。

住宅医の活動が普及し、建物の再生だけではなく、家族の絆・文化や技術の伝承・地域コミュ二ティの再生にもつながっていく事。

それこそがストック活用型社会への移行が求められる理由であり、我々が取り組むべき課題(issue)であると考え応募致しました。

6月10日~7月1日 一次審査期間 (書類審査)

7月10日~9月9日 二次審査期間 (現品審査)

8月2日 東京ビッグサイトにおいて2時選考

9月29日 受賞発表

11月4日 授賞式

 

[審査員の評価]

既存の木造住宅を築年数に関係なく劣化部分等を適正に評価し、現在求められる水準に直すための体系「木造建築病理学」に基づいたリノベーションの例として、その方法の汎用性も含めて意味のある実施例である

投稿日:2015年10月18日

住宅医スクール2015 東京 第5回のご報告


10月15日(木)、住宅医スクール2015東京・第5回が開催されました。
今回は温熱環境と省エネをテーマに「温熱環境の改善と対策①」「温熱環境の改善と対策②」
「温熱環境の改善と対策③」「住宅改修事例を語る①」という4つの講義が行われ、
49名が受講されました。

 

第1講義「温熱環境の改善と対策①~温熱・結露診断手法1」
第2講義「温熱環境の改善と対策②~温熱・結露診断手法2」
辻充孝氏/岐阜県立森林文化アカデミー准教授

辻先生

第1~第2講義は連続講義として、辻充孝氏により、
住宅の断熱性能・日射制御・結露判定を数値で導くための診断法についてお話いただきました。
前半は、断熱の意義や基準の概論、外皮平均熱貫流率UA値と熱損失係数Q値について、
後半は、外皮平均日射熱取得率ηA値と夏期日射取得係数μ値、
結露現象の基礎知識や防露判定などについて、計算プロセスを詳細に解説いただきました。
本講義では、講義内容の理解をより深めるために宿題が出されました。
提出者には外皮や日射・防露の検討ができる辻氏作成の温熱計算ソフトが配布されます。

 

第3講義「温熱環境の改善と対策③~住宅の省エネルギー評価の基礎」
三浦尚志氏/国土技術政策総合研究所住宅研究部 建築環境研究室

三浦先生

第三講義は三浦氏により、温熱環境を学ぶ上での土台となる知識についてお話しいただきました。
住宅内の環境が不快と感じるのは何が原因でどのような対策法があるのか、
暑さ・寒さ・通風・結露などについて、分かり易い言葉で解説いただき、
そうした現象を数値で表現することの意義について教えていただけました。

 

第4講義「住宅改修事例を語る①~伝統木造の温熱・省エネ改修手法」
松井郁夫氏/一般社団法人ワークショップ「き」組代表理事

松井先生

第4講義は松井氏により、伝統的構法とはどのようなものかという基礎知識や、
実大実験内容から見る伝統木造の特徴や性質、民家調査から見えた知恵や工夫など、
伝統的な木造を理解する上で為になる事柄についてお話しいただきました。
また、最近積極的に取り組まれている伝統的構法の断熱改修事例などについても、
実例をもとにご紹介いただきました。

 

以上で第5回の4つの講義は終了し、その後懇親会も開催されました。

次回は、防火・設備・高齢者対応について実践的な講義が行われます。
いずれも設計時に欠かすことのできない貴重な知識を得る場となりますので、
皆様のご参加をお待ちしております。
(関東事務局 小柳)

投稿日:2015年10月09日

住宅医コラム 意見交換2015-59


妻にとっての定年リフォーム
宝塚Iさんの場合 ~ その10
 冬の暮らしのヒアリング。

三澤文子(MSD)

 

2014年の11月4日に、改修工事は修了。冬に向かう前にリフォームされた住まいで改めて暮らし始める Iさんご夫妻。冬の寒さの解消が第一の目的だったのですから、寒さが段々と厳しくなってくると、どんな具合か、心配になります。そこで、温湿度のビフォア―・アフターを知るために、改修後の冬、温湿度の測定を行います。改修前の測定の同じ時期に測定するのが理想なので、寒さの厳しい1月末から2月はじめにかけて、2週間ほど温湿度計(データロガー)を Iさんのお宅に設置させてもらうことになりました。

 

さてその前に、冬の暮らしの様子をヒアリングするために 2015年1月15日 Iさんのお宅に伺いました。

「荷物の片付けが大変で。」と言われていたのですが、家の中はすっかり片付いて綺麗になっています。床板が白木なので、初めて伺った時に比べかなり明るくなったという印象です。早速、気になっていた寒さのことを伺いました。

当然のことで、灯油ストーブは使用せず、エアコンのみの暖房。ただ、ご夫妻の快適室温が異なるのか、2人のご意見が違っていますが、全般的には「隙間風がなくなって暖かくなった。」とのご意見にホッとしました。ただ、ご主人は「スリッパが嫌いなので靴下で過ごしているが、やはり足が寒い。」との感想です。これには若干ショック。何の問題も無く暖かくなったはずだと過信していたからです。また、台所の暖気もあり暖房無しでも脱衣所は温かいのでは。と予想していましたが、ご主人が入浴の際は、脱衣所では小型の電気ストーブを使用しているとのことで、これもワタシ的には少し残念な結果でした。

IMG_3157

 

I邸はQ値(熱損失係数)が2.93W/㎡K。改修前が10.89 W/㎡Kだったのですから、かなりの性能向上なのですが、改修前は灯油ストーブを思い切り使って暖かくしていたので、増エネで、室温はムラがありながらも、ご主人の周りだけはかなり暖かかったのかもしれません。これは温湿度の計測をして、さらに分析してみなければなりません。

そんなことで、夫妻の意見は割れながらも、暖房を適宜使用して「快適にくらしています!」との感想で、まずます安心。といったところでしょうか。

 

ヒアリングのあとは、ぐるりと回って暮らしぶりを拝見。

IMG_3152

コンパクトになったご主人の書斎もなかなか機能的で使いやすいとのお話です。ここにも電気足温器があり、「これで快適!」とのこと。内心、これも「寒がりさん」の習性なのか・・・

 

IMG_3154

Iさんは、暖かい台所でご満悦。この日も私たちのためにランチの準備をしてくださっていました。北の景色を見通せる窓を、最大限大きくとったためか、台所はとても明るくて、白と木の色が爽やかです。野菜や果物など食材が映えるように思います。

 

今回、改修後の暮らしのヒアリングができたと同時に、とっても美味しいランチを頂くことになりました。

IMG_3156

お料理利上手な Iさんは、真夏の工事中、いつも手づくりの差し入れを持ってきてくださって、みんなで美味しく頂きました。そんな夏を思い出す、ひとときでした。

 

 

さてさて、このあと、1月末から計測した I邸の温湿度データ。それを分析し、この10月8日「自立循環型住宅研究会第12回フォーラム」の「自立循環研アワード2015」で 担当の日野君が発表。見事、最優秀賞を頂きました。

I邸の省エネ・断熱改修についてプレゼンする日野君

I邸の省エネ・断熱改修についてプレゼンする日野君

 

最優秀賞の受賞での挨拶。主催者の野池政宏さんのお褒めの言葉もありました。

最優秀賞の受賞での挨拶。主催者の野池政宏さんのお褒めの言葉もありました。

 

このこともご報告かたがた、また Iさんのお宅に伺わなければなりません。今後の改善案の話題も含めて。

 

つづく