投稿日:2015年07月15日

事例紹介2015-50 埼玉県所沢市


所沢市M邸 詳細調査

報告:磯田憲一 / (有)磯田建築設計事務所

物件概要

■所在地:埼玉県所沢市

■調査日時:2015年7月7日(火)

■構造規模:木造2階建て

■延床面積:68.85㎡

■築年数:築37年(1978(昭和53)年築)

依頼者のMさんがご両親から受継いだ住宅を、ご結婚を機に全面的にリフォームすることをご希望され、ご相談いただきました。冬の寒さ、夏の暑さ、耐震性の不安、細切れな間取りの不満等の解消をご希望されており、スケルトンリフォームを行うのに先立ち、詳細調査を行いました。当日は当事務所2名に住宅医協会より5名の方に参加いただき、総勢7名での調査となりました。

2015_50_01 2015_50_02

調査の模様

参加者揃い、Mさんに御挨拶し、調査内容の確認等ミーティングを行いました。今回は①採寸、②劣化、③設備、④1階床下、⑤2階床下、⑥小屋裏、の6班に分かれ調査を行いました。事前に調査に必要な開口を工務店さんに開けておいて頂けたため、スムーズに調査に入ることができました。

床下調査

事前にご両親より「雨漏り、シロアリの被害の記憶は無い」「一度だけ川の氾濫により浸水したことがある」等の履歴を伺っていましたので、それを考慮しつつ調査を進めました。

土台、大引等の含水率調査、基礎の配筋調査、目視による蟻害の有無、耐力壁や金物の調査を行いました。一部水周り下は入ることができず、調査できませんでしたが、それ以外の部分は概ね調査可能で、比較的良好な状態でした。基礎は無筋で換気口周りにクラックが確認されましたが、その他には大きなクラックは無いようでした。蟻害も見当たらないようでした。

2015_50_04 2015_50_05 2015_50_06

2階床下調査

1F押入上部及び2F畳下の開口より目視により2F床下の調査を行いました。一部に白カビと見られるものが確認されました。また梁や天井下地に水シミを確認しました。

2015_50_03 2015_50_08

小屋裏調査

押入上部より上半身を小屋裏に入れ、目視により小屋裏の調査を行いました。一部に水シミが見られましたが、含水率は低く、概ね健全な状態でした。

2015_50_07 2015_50_09

設備、劣化調査

屋内外の設備の調査、劣化状況の調査を行いました。北・西側が敷地の空きがほとんど無く、進入することができなかったため、隣地工場の許可を頂き、そちらからの調査も行いました。外壁は比較的最近塗り替えられていますが、窓や換気口周りにクラックが確認されました。

2015_50_10 2015_50_11

前日天気が悪く、天候が心配されましたが、当日は概ね雨は無く、無事調査を終了しました。反省点としては、予定時間を若干オーバーしたことがあり、今後は余裕を持った調査計画を立てることを意識したいと思います。1ヶ月程度を目途に調査内容を分析、報告書をまとめる予定です。ご協力いただいた皆様、ありがとうございました。

2015_50_12

投稿日:2015年07月06日

事例紹介2015-49 大阪府吹田市


千里山のいえ 詳細調査

報告:平賀基香 / MSD

 

物件概要

■所在地:大阪府吹田市千里山

■調査日時:2015年6月20日(土)

■構造規模:木造2階建て

■延床面積:138㎡

■築年数:築47年(1968(昭和43)年)

 

DSC00232

依頼者の Iさんと母、祖母の3代でお住まいの I邸は千里山にあります。使用している部屋は限られている状態で、増築された部分などを見直し、これからの I邸の改修に先立ち詳細調査を行いました。午前中のみ工務店さんにも2名ご参加頂き、住宅医スクール生など総勢13+2名での調査となりました。

 

調査の模様

IMG_3049

参加者全員そろったところで Iさんにご挨拶。およその調査終了時間などお伝えした後は、全体ミーティング。担当調査内容の確認と各班に分かれて打合せを行いました。

打合せが終わった班から、いよいよ調査開始です。今回は①採寸 ②劣化 ③設備 ④仕上げ ⑤小屋裏、2階床 ⑥床下 ⑦ヒアリング・棒矩の7班に分かれての調査となりました。

DSC_0010

依頼者 Iさんにヒアリング。冬の寒さ、夏の暑さ、通風、採光、改修の履歴などヒアリング項目は多岐に渡ります。

DSC_1584

地盤調査(スウェーデン式サウンディング試験)も必ず行います。今回の調査では隣地と接近して建物が建っていたため道路からアプローチできる3ポイントの試験となりました。今回のように敷地全体で調査ができない場合は、解体後に再度調査を実施し、より正確な地盤情報を確認することも大切です。

DSC_1595  IMGP0418

今回は大工さんも参加してくれたので、床下や2階床の点検口を手際よく開けて頂きました。大工さんがいない場合は自分たちで開口作業から取り掛かることになり、意外と時間を取られてしまうので調査全体の時間配分が大切です。

 

IMGP7490

5年程前から1年毎に某メーカーさんの補強、点検を定期的に行っているということがヒアリングから分かりましたが、床下に換気扇が5つ程設置されていたものの、床下湿度は70%超え、含水率も30%超えの箇所が多数確認されました。地盤面より床下が低いことも要因の一つと考えられますが、調査内容を踏まえて改修方法の検討が必要になる箇所です。

 

DSC00218  DSC_1602

 

2階床梁は1階の天袋から除きながらの調査となりました。某メーカーさんが構造補強を行う際に設けた点検口が数多くあり、2階床梁の調査はスムーズに行うことができました。やはり点検口は今後のメンテナンスにも欠かせないものです。

床梁は規則正しく架かっており、要所要所に補強金物が確認されました。

 

IMGP8302

寄棟の小屋組みにも床下や2階床同様に某メーカーさんの金物が至るところに確認されました。小屋裏の含水率は高い箇所でも14%と非常に良好な印象でしたが、ヒアリングでは雨漏りが気になるということで原因を究明し、改修する必要があります。

 

 DSC00100 

劣化班は柱や床の傾斜を計測したりクラックの有無、窓枠周りの結露など様々な箇所を調査していきました。

 

DSC00225

今回の調査では学生さんも数人参加してくれました。調査の方法や、見るポイント、チェックする理由など班のリーダーが教える形で進めていきました。学生さんにとって、パソコンや製図板上だけでなく現物の建物を目の前にしての調査はとてもいい「講義」になったと思います。
IMG_6774 DSC00290

バリアフリーの調査もあります。玄関や階段の段差、廊下幅の計測や手摺の確認など。注意したいのは、実際の廊下幅ではなく、通行する際に有効な廊下幅の計測値となることです。廊下に箪笥が置いてあることなどよく見受けられます。

 

DSC00214

調査が終わった人から野帳の整理を行います。野帳は調査した人以外、だれが見ても分かるようにするのがベストです。調査しながら野帳をきれいに書くのはなかなか難しいですが、調査毎に少しずつ改善していけたらと思います。

 

DSC00345

 

最後に依頼者の Iさん、調査参加者揃って集合写真。

お天気が心配されましたが、終始天候よく予定通り調査を終えることができました。約1ヶ月後に調査報告を行う予定です。ご協力頂いたみなさんありがとうございました。

投稿日:2015年07月03日

事例報告(改修事例) 2015-46


受け継ぐ家
山根木材リモデリング一級建築士事務所 村田知也(HPはこちら

閑静な住宅地にある築80年のお家。以前はお施主様のお母様が一人で生活なさっていた。お母様が他界されたのをきっかけに、主のいなくなったこの家を、親戚が集い・寛げる家にリフォームする計画をたてられた。

 

■概要■

・建設地:広島県廿日市市

・構造:伝統工法 平屋建

(リフォーム前:平屋+2階建/伝統工法+在来軸組工法)

・築年数:約80年

・延面積:100.18㎡ (30.30坪)

(リフォーム前:246.52㎡)

・工事期間:約180日

 

■要望と課題■

お施主様から要望のヒアリングを行い、建物に関して不安・不満に感じていらっしゃる項目と、間取りや生活、意匠面に関する要望が以下のように整理された。

 

【建物についての不安・不満】

① 地震で倒壊する恐れがある

② 冬は寒く、夏は暑い

③ 建物が大きいので、維持管理にかかる費用と労力が不安

④ 防犯が不安

⑤ 木材や土壁が劣化している

 

【要望】

⑥ 生活動線をすっきりさせたい

⑦ お掃除を楽にしたい

⑧ 来客を迎える環境を整えたい

⑨ お手持ちのアンティーク家具や雑貨と調和する仕上がりにしたい

⑩ 思い入れのある家なので、昔の面影を残したい

改修前① 改修前② 改修前③
改修前:外観                  改修前:ダイニング               改修前:和室 

■インスペクションと計画■

住宅医になる前の案件であるため、独自にチェックシートや報告書を作成し、それらをもとに、インスペクションを実施した。既存建物の図面が残っていなかったため、まず、図面のスケッチを実施。劣化調査、床下調査等と、耐震診断を行うことで建物の現状を把握し、お施主様の不安と要望に対する計画を立てた。

床下木材の含水率は洗面所の下が一番多く、17.5%であったが、全体的に良い数値が出た。しかし、蟻害状況は広く散布していた。木材(構造材)自体の痛みはそれほどひどくなく、とりかえは少しで済みそうであった。その他、雨漏り跡や床のたわみ、傾きなどの劣化状況がみられた。

現況スケッチ 点検報告書 劣化報告書

現況スケッチ                  床下調査報告書                  劣化調査報告書

 

お施主様との打ち合わせを重ね、不安と要望に対して、調査結果を踏まえて以下のような計画で改修を進めていくこととした。

 

[1] 耐震補強、劣化状況の復旧 (①⑤の改善)

[2] 温熱、省エネ性能の向上 (②の改善)

[3] 減築 (③④⑥⑦の改善)

[4] あるものを活かし、面影を残しつつ、お手持ちの雑貨と調和する空間 (⑧⑨⑩の改善)

 

■計画の詳細と完成後■

リフォーム前後の図面は以下の通りである。ポイントは、南面にある離れの減築であり、土地と建物の有効活用、母屋の日当たりの解消などいくつもの効果を生み出した。改修で重要である耐震性能や温熱環境の向上ももちろん実施し、お施主様の思い入れのある意匠面も、現場で何度も打ち合わせを行うことで納得のいく仕上がりとなった。

既存平面図

平面図:リフォーム前(斜線部分は減築) 

プラン平面図

平面図:リフォーム後 

[1] 耐震補強、劣化状況の復旧

耐震補強に関しては、一般診断法により補強計画を立てた。基礎を耐力壁の下部に設置し、耐力壁の不足は構造用合板で補強を行った。柱頭柱脚金物はN値計算を実施し、N値を超える性能を持つ金物を設置した。

基礎補強は思い通りにいかないことが多い。現場によっては基礎補強をした場合でも評点は足固め又は既存のままとし、数値を安全側に算定することとしている。

このお家では補強により、評点は0.25から1.39に改善され、建物の倒壊の危険性が低減された。

補強計画 壁補強写真 基礎補強写真

補強計画                    壁補強写真(制振金物付)          基礎補強謝写写真(一般部)
※補強写真は呉市I邸工事のものを使用

[2] 温熱、省エネ性能の向上

温熱計算を行い、建具の取替え、断熱材の充填を行った。既存の家屋は、天井、壁、床ともに無断熱であり、UA値は3.51、ηA値は10.4であったが、改修によりUA値は1.08、ηA値は3.4まで改善された。広島は、瀬戸内海の穏やかな気候というイメージがあるが冬はとても寒く、住まわれている方の多くが、現在の家の問題点として寒さを挙げるほどである。改修前後の室内環境をグラフなど視覚的に効果の分かる資料と推定室内温度を算定し表現することで温熱改修の内容を理解していただいた。また、性能面ではマイナスになるものの、お施主様の昔の面影を残したいという思いを尊重し、縁側の建具は取り替えずそのままとした。

改修後縁側 改修後の縁側の様子 建具は取り替えず、面影を残した

[3] 減築

これまで増築を繰り返しており、240㎡を超える延べ面積となっていた。建物と敷地の有効活用、維持管理の負担軽減、温熱環境の改善、防犯性の向上を目的とし、もともとあった建物のみを残し、その他の部分は大胆に減築を行った。減築をした場所は貸駐車場とした。

配置図面

配置図/敷地周辺状況

外観①外観②外観③

改修後:建物外観

減築により、空間をコンパクトにまとめることが可能となり、すっきりとした動線が実現された。北側に水周りを設け、居室は日当たりの良い東~南~西に配置。離れを解体したことで、南側からより多くの光を取り込むことができ、道路に囲まれたこの敷地を活かすことができている。また、視界がひらけ、室内にいるときにも意識が外へ向くため、防犯性の向上にもつながっている。

さらに、DKとリビング、応接を建具を開け放して1つの空間になるよう工夫。一方で天井の形状には変化を持たせ、それぞれの空間に表情を持たせた。

LDK-1(加工) 玄関-ホール キッチン(加工)

改修後:リビング               改修後:玄関ホール                改修後:DK

 

[4] あるものを活かし、面影を残しつつ、お手持ちの雑貨と調和する空間

築80年のこのお家は、お施主様をはじめとして、ご親戚の方々、ご近所の方々の思い入れも大きかった。面影を残して欲しいというお施主様の思いを尊重し、外観は以前の佇まいを残し、内装もあるものを積極的に取り入れ、活かした空間とした。

リビングの天井に見える小屋裏の化粧梁は、お施主様のイメージを参考に、減築した離れから移築。空間に重厚感をもたせている。また、旧家で使用していた建具とガラスを再利用することで、お手持ちのアンティーク雑貨との調和を図れるような提案も行った。

外観和風-1 造作-梁

改修後:外観 変わらない佇まい                        改修後:離れから移築した梁

 

ホール-広縁 (1) 書院こうもり

改修後:広縁 旧家のガラスをはめ込んだ造作欄間       改修後:蝙蝠のいる書院建具もそのまま活用

 

お施主様、職人も一緒になって現場で詳細な打ち合わせを行うことで、ご要望以上の古民家リフォームが完成した。古民家においては、築年数の大きさに比例して住まい手やその周りの人々の思い入れも強くなる。性能面を向上させ、住環境の改善を図ることは大前提であるが、それに加えて慣れ親しんだ面影をところどころに残していくことで、これからも永く受け継がれていく家へと生まれ変わる。

今回事例紹介をしたこのお家も、耐震性能や温熱環境の向上はもちろんのこと、以前の面影を残しながらお施主様の好みもしっかりと取り入れた提案に、大変満足頂けた。

昔からの面影を伝えながら、昔の家を知る人が集える、新しい世代へ受け継がれる家に生まれ変わった。