投稿日:2015年07月24日

住宅医スクール2015 浜松 第2回のご報告


7月16日(木)、今年度、第2回目の住宅医スクール2015浜松が開校されました。

 

今回は、構造をテーマに「構造に関する法規、基準関連」「構造的不具合の原因と対策-1」
「構造的不具合の原因と対策-2」「歴史的建築物から学ぶ再生」という4つの講義が行われ、約45名が受講しました。

01

 

第1講義「構造に関する法規、基準関連」
河本和義氏/TE-DOK一級建築士事務所 主宰

02

第1講義は、TE-DOK一級建築士事務所主宰の河本和義氏より、実務者から見る構造基準についてお話しをいただきました。特に改修工事に於いて耐震とともに風に対する検討も建物によっては必要との説明をいただきました。

 

第2講義「構造的不具合の原因と対策-1」
小原勝彦氏/岐阜県立森林文化アカデミー准教授

03
04

第2講義は、岐阜県立森林文化アカデミー准教授の小原勝彦氏より、地盤・基礎・軸組の調査診断についてお話をいただきました。特に振動測定という建物の固有振動数を知ることで耐震補強に有効な効果がみられるというお話や、最近はアンドロイド版アプリも登場して(難易度は高いけれども)簡易計測も行なえるようになったなど興味をそそるお話が聞けました。

 

第3講義「構造的不具合の原因と対策-2」
清水利至氏/清水建築設計室代表

05

第3講義は、清水建築設計室代表の清水利至氏より、住宅医既存ドックの資料をアレンジして報告書に添えて顧客に説明されている点、及び現場調査写真を多用した調査方法とポイント説明は、豊富な実務経験を活かしたお話で大変参考になりました。

 

第4講義「歴史的建築物から学ぶ再生」
後藤治氏/工学院大学建築学部デザイン学科教授

06

第4講義は、工学院大学建築学部デザイン学科教授の後藤治氏より、歴史的建造物から考える長寿命建築についてお話がありました。
長寿命な建築に保つには定期的に行うメンテナンス修理が欠かせないことから、住宅を長く使い続けるにはどうするかという話があり、さらに住まい手が今後も使い続けるために実務者として何ができるかといった興味ある話が聞けました。

 

以上で、第2回の4つの講義は終了し、その後、講師の方々も交えて懇親会も開催されました。

07

懇親会では、講師も参加され、講義以外のお話も聞くことができ、終始有意義な時間を過ごすことが出来ました。

(浜松受講生・小林)

投稿日:2015年07月22日

住宅医スクール2015 大阪 第2回のご報告


7月18日(土)、住宅医スクール2015大阪・第2回が開催されました。

前日の台風の影響で大阪の交通網は少し麻痺していましたが、住宅医スクールは予定どおり無事に開催することができました。「構造に関する法規、基準関連」「構造的不具合の原因と対策①」「構造的不具合の原因と対策②」「住宅改修事例を語る-②」という4つの講義が行われました。

 

第1講義「構造に関する法規、基準関連」実務者から見る構造基準

河本和義氏/TE-DOK一級建築士事務所主宰

IMG_4192

建築基準法、品確法、そして日本建築防災協会の耐震診断。構造基準は複数存在していて、建築実務の中でこれらを使い分けていくことになりますが、その目標の設定や計算の方法などはそれぞれ異なります。その違いをわかりやすく整理していただきました。またそれぞれの基準の変遷をその理由も交えて説明していただけました。

 

第2講義「構造的不具合の原因と対策①」地盤・基礎・軸組の調査診断

小原勝彦氏/岐阜県立森林文化アカデミー准教授

IMG_4193

建物の構造の調査をする時のポイントを教えていただきました。地盤調査により地盤の耐力を知るこだけでなく、そこからデータを処理して地盤の沈下量まで予測することができること。コンクリート強度を測定することの意味、基礎の鉄筋の有無の確認など、構造の専門家の視点からの調査の要点はとても勉強になりました。また小原氏が専門とする常時微動測定についてや、制振ブレースの事など、事例を交えながらわかりやすく説明していただけました。

 

第3講義「造的不具合の原因と対策②」一般住宅の耐震診断の実務

清水利至氏/清水建築設計室代表

IMG_4198

清水氏は実務での耐震診断の経験がとても豊富で、実際の事例を写真で見せていただきながら講義を進めていただきました。構造的不具合も事例が豊富で、自身の経験談を元に説明していただけるのでとてもリアルに状況が伝わってきました。改修の事例も仕事の進め方からプロセスを追って説明していただき、とてもわかりやすく聞き入ってしまう講義となりました。

 

第4講義「住宅改修事例を語る-②」古いものと対峙する改修設計手法

安井正氏/クラフトサイエンス代表

IMG_4200

最終講義は京都・東京で仕事をされている安井正氏の改修事例の講義です。京都と東京の二つの物件について、建物の改修工事の流れを順を追って説明していただきました。既存の建物からで出てくる”古いもの”、友人の工房やお店から探してきた”古いもの”、また住まい手が持ち込んできた”古いもの”をどのように考えて建物のどこの部分に活かしていくか。安井氏の考えを現場の状況の様子を交えながら楽しくお話していただきました。

IMG_4204

すべての講義が終わった後、前年度から住宅医スクールを受講していただいている池田さんに修了証が送られました。昨年受講できなかった講義をこの日でカバーできたからです。

次回は、劣化維持管理をテーマにした、木材の劣化と対策、木造建築物の耐久性能と維持管理方法について講義が行われます。皆様のご参加をお待ちしております。

(関西事務局 日野)

投稿日:2015年07月09日

住宅医スクール2015 東京 第2回のご報告


7月2日(木)、2015年度住宅医スクール東京、第2回を開催しました。

今回は、構造をテーマに「構造に関する法規、基準関連」「構造的不具合の原因と対策①」
「構造的不具合の原因と対策②」「不動産仲介の現場から」という4つの講義が行われ、
45名が受講しました。

 

第1講義「構造に関する法規、基準関連」
第2講義「構造的不具合の原因と対策①」
佐藤孝浩氏/桜設計集団一級建築士事務所

佐藤さん

第1第2講義は桜設計集団の佐藤孝浩氏より、既存住宅の耐震性能についてお話しいただきました。
第1講義では、建築基準法上の耐震設計の考え方や耐震改修促進法の基準による耐震診断基準、
及びリフォームや増築の際の関連法規について、第2講義では、地盤・基礎の調査診断方法や液状化対策、
軸組調査の方法、常時微動測定など振動測定に関する知識について講義が行われました。

 

第3講義「構造的不具合の原因と対策②」
清水利至氏/清水建築設計室代表

清水さん

第3講義は、清水建築設計室の清水利至氏より、耐震への意識が高い静岡県で清水氏が実践されている耐震診断

の実務についてお話しいただきました。住宅医の調査手法である既存ドックと一般的な耐震診断法の概要説明、
耐震診断調査をする際に予備知識として知っておくとよい構造的不具合の事例とその留意点、
一般的な耐震診断を行う際の実際の流れや作業内容などについて、講義が行われました。

 

第4講義「不動産仲介の現場から」
徳本友一郎氏/株式会社スタイルシステム代表取締役

徳本さん

第4講義は、株式会社スタイルシステムの徳本友一郎氏より、取り組まれているオリジナルの不動産仲介スタイル

についてお話しいただきました。真に御客様に喜ばれ求められるサービスとは何かを追求する姿勢から生まれる
様々なサービスは正に徹底したもの。FP資格者によるライフプランから購入価格を算出するところから始まり、
仲介手数料の中で行われる150項目にも及ぶ土地の詳細調査や、既存顧客を大切にしアフターサポートに力を

注ぐなど、御客様目線での良き不動産取引の在り方とはどういうものかについて、講義していただきました。
以上で第2回の4つの講義は終了し、その後懇親会も開催されました。

次回は、劣化維持管理をテーマに、木材の劣化と対策、木造建築物の耐久性能と維持管理方法について

講義が行われます。いずれも改修を行う際の予備知識として役立つ貴重な学びの場となりますので、

多くの皆様のご参加をお待ちしております。
(関東事務局 小柳)