投稿日:2014年12月10日

住宅医スクール2014 大阪 第6回のご報告


11月22日(土)住宅医住宅医スクール2014大阪、第6回が開催されました。

 

第6回は「温熱環境の改善と対策-1,2,3」という3つの講義、
および特別講義として「温熱・省エネ改修の実践」というタイトルで省エネをテーマにお話をいただきました。
講義の後には懇親会が開かれ意見交流の場となりました。
昨年度からの継続受講生や修了生も合わせて、37名が参加しました。

 

1

 

第1講義・第2講義「温熱環境の改善と対策-1・2」~温熱・結露診断手法1・2~
辻充孝氏/森林文化アカデミー准教授

 

23

断熱改修等、改修時に温熱の話は欠かせません。2講義連続で、温熱環境を改善するために必要な温熱の基本を、分かりやすい図を使って、解説していただきました。1講義目では、熱の動きや結露のメカニズム等、知らなかったでは済まされない大変重要なお話を聞かせていただきました。2講義目では、具体的な計算方法も解説していただきました。
宿題を提出すると辻先生の最新の温熱計算ソフトを入手できます。
講義に出席いただいた皆様、ぜひ宿題を提出し、講義の内容を実践に生かしていただけたらと思います。

 

第3講義「温熱環境の改善と対策-3」~住宅の温熱・省エネ改修の基礎~
三浦尚志氏/国土技術政策総合研究所住宅研究部住環境計画研究室主任研究官

4

3講義目は三浦氏より住宅の温熱・省エネ改修方法の基礎と題して御講義をいただきました。
試験データや研究データ等を踏まえた改修方法等ご紹介いただき、大変参考になる講義となりました。

 

第4講義「自立循環型住宅~改修住宅版のあらまし」
三浦尚志氏/国土技術政策総合研究所住宅研究部住環境計画研究室主任研究官

5

自立循環型住宅の改修版の新版作成にあたり、現在の方向性や最新情報を教えていただきました。
住宅の改修が増えてくるのと共に改修方法や断熱性能の重要性等貴重な講義をいただきました。

 

以上4講義の後は、懇親会が開催され、温熱・省エネに関する意見が飛び交う充実した時間となりました。

 

単発の受講も可能ですので、ご希望の際はお気軽に事務局までご連絡下さい。

(関西事務局 佐治)

投稿日:2014年12月08日

住宅医スクール2014 浜松 第5回のご報告


11月13日(木)、住宅医スクール2014 浜松 第5回 が開催されました。

 

第5回は、温熱・省エネをテーマに「温熱環境の改善と対策-1」「温熱環境の改善と対策-2」
「温熱環境の改善と対策-3」「温熱・省エネ改修の実践」という4つの講義が行われ、
38名が受講されました。

図2

 

第1講義「温熱環境の改善と対策-1」~温熱・結露診断手法1~
第2講義「温熱環境の改善と対策-2」~温熱・結露診断手法2~

辻充孝氏/岐阜県立森林文化アカデミー准教授

 

岐阜県立森林文化アカデミー准教授の辻充孝氏より、住宅の温熱環境を
数値によって把握できるようになるための診断手法についてお話いただきました。

図1

第1講義では、温度と高齢者の死亡原因の相関関係、25年省エネ改正基準による
外皮平均熱貫流率UA値の知識と計算方法。それに伴う断熱施工の施工精度について。
第2講義では、外皮平均日射熱取得率ηA値の知識から計算手法について。
また、断熱気密を検討する際に重要となる防露措置について、結露現象のメカニズムや
防露判定のための計算手法についてもお話しいただきました。
本講義では、講義内容の理解をより深めるために宿題が出されました。
提出者には外皮や日射・防露の検討が簡単にでき定評ある辻氏の温熱計算ソフトが配布されます。

 

第3講義「温熱環境の改善と対策-3」~住宅の温熱・省エネ改修の基礎~
第4講義「温熱・省エネ改修の実践」~住宅の温熱・省エネ改修事例~

南雄三氏/住宅技術評論家

図3

住宅技術評論家の南雄三氏より、住宅の省エネや計画原論の提案について、
2020年に義務化される改正省エネ基準がもつ意義と、基準を軸にした時に
断熱・省エネルギー・パッシブやゼロエネなどが、どのような位置付けとなるか。
また、南氏が監修したリフォーム事例を用いて、
断熱性と快適性の実際や温熱改修時に工夫された点についてお話いただきました。
・省エネに対する考え方
・断熱に対する誤解
・求める断熱性は?
など軽妙な「南節」で分かりやすく解説していただきました。

図4

 

講義の後、講師の辻先生・南先生を交えて懇親会を行い、親睦や意見交換を行いました。
(浜松受講生 小林)

投稿日:2014年12月07日

住宅医スクール2014 東京 第7回のご報告


12月4日(木)、住宅医スクール2014東京・第7回が開催されました。
今回は、契約・行政施策・マンションリフォームをテーマに「契約実務の留意点」
「木造住宅関連施策の動向とその対応」「マンションリフォーム①-基礎」
「マンションリフォーム②-実践」という4つの講義が行われ、
27名が受講されました。

 

第1講義「契約実務の留意点」
田中健司氏/㈱田中工務店 代表取締役

田中さん

第1講義は、㈱田中工務店 代表取締役の田中健司氏より、契約実務の留意点について、
木造住宅の瑕疵および依頼者とのトラブルを回避する方法などをお話いただきました。
クーリングオフや重要事項説明など、契約時に注意が必要な書面の交付や説明内容、
また、田中氏が日々の契約実務の中で必要に応じて変更・追加している契約約款の内容や
注意点について、過去に起こった実例を交えて分かり易く説明していただきました。

 

第2講義「木造住宅関連施策の動向とその対応」

池田浩和氏/岡庭建設㈱ 専務取締役

池田さん

第2講義は、岡庭建設㈱ 専務取締役の池田浩和氏より、木造住宅関連施策の最新情報と
対応実践例についてお話いただきました。
省エネ基準の見直しに伴う改正内容や施行スケジュール、認定低炭素住宅やCASBEEの説明、
住宅性能表示制度の改正についてなど、最新の施策について分かり易い説明をいただきました。
また、平成27年度の予算概算要求と税制改正要望について、
木造住宅に関わる要求事項について説明していただく中で、国が推進しようとしている内容から
今後の木造住宅界が進んでいく方向性までが分かる貴重な講義となりました。

 

第3講義「マンションリフォーム①-マンションリフォームの基礎」
第4講義「マンションリフォーム②-マンションリフォームの実践」
小谷和也氏/㈱マスタープラン一級建築士事務所 代表取締役

小谷さん

第3・第4講義は、㈱マスタープラン一級建築士事務所 代表取締役の小谷和也氏より、
国産木材を生かしたマンションリノベーション手法についてお話いただきました。
前半の基礎編では、マンションリフォームに必要な基礎知識について、
専有共有部の説明や躯体構造、管理組合への確認内容や書面、竣工図内容など、
リフォーム前に必要な段取りについて分かり易く説明していただきました。
また、リフォーム時の改善要望として上がる断熱性や、マンションリフォームのクレーム事項に
大きく関わる床の遮音性能について、数値や実験結果を示していただきながら
具体的にどのような対策をすればよいのか、詳細に解説していただきました。
後半の実践編では、リフォーム前の採寸や調査について実際に小谷氏が行っているやり方を
紹介していただき、工事時の注意点や対策法、リフォームの設計ポイントやコストまで、
これまでの多くの実例を踏まえた生きた知識を分かり易く教えていただきました。

 

以上で第7回の4つの講義は終了し、その後懇親会も開催されました。

次回は、2014年度の最終講義となりますが、
既存住宅の改修方法について、実例をみながら構造や温熱環境の実際についての講義が行われます。
また講義の終わりでは住宅医検定会が行われ、住宅医スクール修了生によるリフォーム事例の
発表をしていただきます。
住宅改修設計の事例を多く知ることは、何よりも実務に役立つ貴重な知識となり得ますので、
皆様のご参加をお待ちしております。
(関東事務局 小柳)