投稿日:2014年11月11日

住宅医スクール2014 東京 第6回のご報告


11月6日(木)、住宅医スクール2014東京・第6回が開催されました。
今回は、防火・設備・高齢者対応をテーマに「防火性能の改善と対策」「設備の劣化診断と対策」
「住宅改修における高齢者対応」「高齢者対応の実践と実例」という4つの講義が行われ、
32名が受講されました。

 

第1講義「防火性能の改善と対策」
安井昇氏/桜設計集団一級建築士事務所代表

安井さん

第1講義は、桜設計集団一級建築士事務所代表の安井昇氏より、防火設計の基礎と火災時の安全性について、
火災事例と原因、防火性能のもつ意義や防火対策のポイントなどをお話いただきました。
普段体験することの少ない火災が、実際に起こるとどのような状況になるのか、
火が室内に燃え広がり黒煙が噴出していく様などを動画で見ながらの説明はとても説得力があり、
建築物の耐火時間と避難時間との関係など、
感覚的に理解を深められ身が引き締まるような講義となりました。

 

第2講義「設備の劣化診断と対策」

清水基之氏/㈱清水代表取締役

古川泰司氏/アトリエフルカワ一級建築士事務所代表

清水さん古川さん

第2講義は、設備工事を実際に施工する専門職の清水基之氏と一級建築士の古川泰司氏により、
設計者が現場にて遭遇した設備に関する疑問点や判断に迷った点等を
専門職に回答していただくというQ&A方式でお話いただきました。
配管の見分け方から改修時のポイント、ガス配管や太陽熱給湯の知識など、
住宅設備工事に関係する様々な事例の疑問点について
普段なかなか見聞きする機会のすくない現場の生の声を聞かせていただきました。

 

第3講義「住宅改修における高齢者対応」
第4講義「高齢者対応の実践と実例」
溝口千恵子氏/㈱高齢者住環境研究所代表取締役

溝口さん

第3・第4講義は、㈱高齢者住環境研究所代表取締役の溝口千恵子氏により、
高齢化社会と住宅改修のニーズ、バリアフリー改修の実践実例についてお話いただきました。
前半は、高齢者や高齢社会の現状やバリアフリーの意義、介護保険制度の仕組み等について、
分かり易く解説していただきました。
後半は、6000件以上もの要介護高齢者の住宅改修を行ってきた溝口氏が
これまでの経験から得てきたバリアフリー設計に対する知見について、
実例紹介と共にお話いただきました。
講義では設計内容のみならず、高齢者対応の改修を仕事とする場合のポイントについて
どこでどのような情報を得て何をすることで仕事を得られるのかなど、
営業に関する具体的な知見まで詳しくお話いただきました。

 

以上で第6回の4つの講義は終了し、その後懇親会も開催されました。

次回は、年内最後の講義となりますが、
契約実務や最新の住宅関連施策の動向と対応、マンションリフォームについて講義が行われます。
いずれも住宅改修設計を行う際に役立つ貴重な知識を得る場となりますので、
皆様のご参加をお待ちしております。
(関東事務局 小柳)